話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

極限まで進化した頂点者の異世界生活

紫銀

プロローグ

ザァァァァ
大雨が降る中一人の少年は絶望の淵に立っていた。
原形を留めていない車に生臭い血の臭い・・・怪しくなびく風に轟く雷鳴、この世の物とは思えない光景が少年の目に映る。
「お母さん・・・お父さん・・・どこ?」
少年はまだ幼く状況が分かっていない。
「ねぇ、お母さん!お父さん!」
叫ぶ少年に返す声はない。少年は車に近づき、グシャグシャの車体に手を付ける。
「うっ、あっ」
車体に触れた手は真っ赤に染まっていた。血だ。
少年は幼くとも血を理解することができ、母親と父親の状況を理解する。
「うわぁぁぁぁぁ」
少年の中で何かが壊れ、何かが目覚めた。
「わぁぁぁぁぁぁ_____」
少年の泣き叫ぶような・・・助けを求めるような声は淡々と降り付ける雨音に消える・・・
もしも誰かがこの少年に手を差し伸ばしてくれていればこの少年に起こった悲劇は起こらなかっただろう。
その日、二組の家族と山が一つ消えた。




読んでくださった方は感想を書いて頂けると有難いです。
誤字等があればコメントで言っていただけるとありがたいです。
週一書いている小説のどれかを更新していきます。
応援お願いします。

「極限まで進化した頂点者の異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 無羅魔叉

    俺も好きです!

    0
  • 創生の解放軍<リペリヲン> 死滅殺忌

    『天音』じゃなくて『雨音』ではないでしょうか?

    0
  • ☂︎兎鬼/Toki☂︎

    僕は好きです(* • ω • )b

    1
コメントを書く