話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神をも超えるスキルを持って異世界を完全攻略する!!!

八坂愛澄

プロローグ 2

「もう、そのことは許すので顔をあげてください セフィスト様?」
そういえばまだ名前言ってなかったなぁ

『そういえば、君の名前聞いてなかったね! なんていう名前何だい?』

「すいません 名前言うの忘れてました 俺の名前は 『成神 迅斗』といいます。」

『え、、、 マジ? 君 成神の一族?』

「はい、そうだとお祖父様から聞いていますが?」
あ・・・ やばい 私、殺されるかも
『へぇ そうなんだー』

「あのセフィスト様俺はこれからどうなるのでしょうか?
天国ですか? それとも地獄に行くのですか?」

『あぁ そのことなんだけどね、神々の規定では死んだものは元いた世界に転生させる、って言うものがあるんだけど、、、今回は私が殺しちゃったから私が管理しているところに記憶を持ったまま転生させようと思うんだけどいいかな? あと 『成神の一族』はあるところで修行しないといけないからなんだけどね』

「そうなんですか。 ありがとう御座います セフィスト様」

『もう様付なんていいよ 私が殺しちゃたんだし。』

「わかったよセフィスト、今から言う世界はあるかな?」
と、言いつつ心の中では相当焦っていた。
【あんなこと言ったけど、行きたい世界なんかないからなぁ
どうしようかな】

『そのことなんだけどね 行きたい世界がないんだったら私が選んであげるよ』

「そんなことまでしてもらうことなんてできませんよ。
 じゃあ 魔物がいて、魔法が使えて、冒険者ギルドなどがある世界がいいです。」

[お・・転生先のこと決めたんだ まあその世界に飛ばす予定だったんだけどね]

『ちょっと探してみるね・・』

あぁなんでこんな子供の盾になって死んだんだろ まあいいか 転生先では きちんと生きよう
と心の中で決心したのである。

『あったよ そこへの特典としてチートスキルがもらえるけど何がほしい?』

「スキルじゃなくてもいいんですか? 刀とか」

『それくらいはこっちで用意しようと思ってたから心配しなくていいよ。』
[まあ 用意しなくても自分で創造できるんだけどね]

「じゃあ、異世界言語習得EXでお願いします。」

『そんなのでいいのかい?』

「それでいいです!」

『じゃあ説明と移ろうか!』
俺は小一時間ほど説明を聞いていた
その中にはおもしろい内容のものもあった、スキルや魔法もこれまでの話であるのはわかっていたけど ステータス が見れるのは知らなかった。
まだ俺は知らなかった ステータス が異常になっていることを。

「神をも超えるスキルを持って異世界を完全攻略する!!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く