話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

百合ルート攻略キャラになりましたが、そんなの気にせず普通に過ごしたい!

紫唯

第11話

「きょうは色々あったなぁ…」<br />
「おかえりなさいませ」<br />
「あぁ、不破さん。いつもありがとう」<br />
「いえ、仕事ですので」<br /><br />
こうやって仕事だからって割り切ってできる人ってすごいよね<br />
まぁ、どれだけ嫌でも仕事だからって割り切ってるとどうでも良くなりそうだ<br /><br />
「あ、」<br />
「どうかいたしましたか?」<br />
「いや、大丈夫だよ」<br />
「分かりました。しかし、何かございましたら仰って下さいね?」<br />
「うん」<br /><br />
ほんとに不破さんは仕事出来るよね〜<br />
私も大人になってたら仕事出来たのかな?<br />
今更遅いけどね…<br />
あ、そうだ!<br />
料理教えてくれるか聞いてみようかな?<br /><br />
「じゃあ、不破さん1個お願いしていい?」<br />
「なんでしょうか?」<br />
「僕に料理を教えてくれない?」<br />
「料理…ですか…」<br />
「駄目、かな?」<br />
「いえ、承知致しました」<br />
「ありがとう。いろいろごめんね」<br />
「仕事ですので」<br />
「仕事って言ってるけど、仕事って楽しい?」<br /><br />
あ、変なこと聞いちゃったな…<br />
顔がすごいことになってるよ<br />
信じられないって感じかな?<br /><br />
「あ、ごめん…」<br />
「いえ、ただ少し驚いてしまっただけです」<br />
「でも、驚いたってことは楽しくないってことでしょ…」<br />
「いえ、それは有り得ません」<br />
「え?」<br />
「私の家は代々白鷺家に使えておりますが、私は白鷺家にお使えできることが幸せだと思いますのでそれは有り得ません」<br />
「あ、ありがとう…」<br /><br />
とっさにありがとうって言ったけどすごい勢いで反論されたな…<br /> 
けど、使えることが幸せって言われても嬉しいな<br /> 
あ、疑っちゃた……何してるんだ私は…<br />
謝ろう、うんそうしよう<br /><br />
「さっきは疑ってしまってごめんなさい…」<br />
「いえ、大丈夫です」<br />
「あ、料理を教えるのは大丈夫ですが、いつに致しますか?」<br />
「うーん…じゃあ、次の休みの日でどうかな?」<br /> 
「私はいつでも大丈夫ですので気軽にお声掛け下さい」<br />
「分かったよ」<br />
「蒼空様、そろそろ着きますよ」<br />
「ありがとう」<br /><br />
ちょっとだけだけど不破さんと仲良くなれた気がするなぁ<br />
今日は、いろいろありすぎて少し疲れたかも…<br />
明日からが楽しみだなぁ<br /><br /><br /><br />
____________________________________<br /><br /><br />
今回は第10話とかの日の帰りのお話です。<br />
それと、先週は投稿できなくてすみませんでした<br />
その代わり今週は2話更新しようと思っています…<br />
そして、さらにお気に入りにして下さっているユーザー様は10人を超えました!<br />
これからものんびり更新になるかもしれませんが、気長にお付き合い下さい<br />
長文失礼しました<br />

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー291788

    お話しが面白そうなので、拝読しました。
    ただ、文章以外のC言語が多く読みづらかったです。
    これからも頑張って下さい。

    0
コメントを書く