男尊女卑の改革者

D_9

第一章『異世界転生!?』第五話「変態?と魔法の物語」


 俺はミリアに抱っこされながら、目の前に広がるいつか見たような光景に頭を悩ませていた。


「……………な、なぁ。ミリア?」


「なんですか?変態ネロ


「い、いや。私はいつまでこうしていれば…………」


「(ニッコリ)」


「…………な、なんでもない」


「そう。ならよかったわ〜」


 …………怖いよ。いや、俺のことを心配してくれるのは素直に嬉しいんだけど、怖いよ。

 皆様の予想通り?、俺の目の前でネロさんがミリアに正座をさせられている。

 まぁ、とは言え今回、俺はフォローしない。こういうタイプの人 変態は調子にのせちゃいけないからな。


「…………それで?この子はどうだったんですか?」


「む?あぁ………お前たちに似て天才だったぞ」


「(ん?俺の話か?)」


 唐突に始まった俺の話。天才なんて言ってるけど……………こんなにあっけらかんに言うってことは多分、持ち上げてるんだろうな。

 俺がそう思っていると、

「はぁ…………そんなことは知っています。私たちの子なんですよ?私だって子供の頃、あなたに天才と言われたんですから」


 ん?どういうことだ?というか、今ミリア、子供の頃って………。


「まったく、昔は可愛い弟子だったのになぁ………。今となっては、その面影は一切ないし」


「100%自業自得ですからね〜。言っておきますけど」


 ………どうやら、ミリアとネロさんは昔からの知り合いらしい。でも、弟子?一緒に魔法を学んでいたのではなくて?


「これでも一応、純血のエルフなんだだぞ?私」


 へ?エルフ?…………あ、ホントだ。耳が尖ってる。


「ただただ、長生きしているだけでしょう?今年で五百何歳になるんでしたっけ?」


 ご、五百!?こっちの世界でもやっぱりエルフは長寿ってことなのか。


「…………はぁ。とりあえず、お前の子についてだが、さっきも言ったとおり天才だな。それもとびっきりの。才能だけなら、ソフィアよりもあるだろう。さらに言えば、お前たち夫婦を超えるだろうな」


「(………え?そうなの?普通くらいじゃないの?)」


 思っても見なかった回答に思わず、びっくりしてしまう。そんな中、


「だって!ユウちゃん!!」


 と俺に向かって、途端にぱあっと花が咲いたような笑顔を見せるミリア。


「やっぱり、私達の息子よね〜。ホントはアレ変態に魔法を教えてもらおうと思ってたけど、心配だから私が教えてあげるわ〜。私もそこそこ強いのよ?しっかり鍛えてあげるからね〜」


 と、上機嫌だ。俺もこんなふうに褒められて悪い気はしない。時々、攻撃的な言葉があるが気にしない。気にしないったら気にしない。


「それは無理だな」


「……………」


 いきなり変た………ネロさんが真面目な顔をしてそう言った。


「(………ん?どういうことだ?)」


 よくわからんが、話を聞いた限りミリアは魔法に関して相当な才能を持っているのだろう。だったら教えることも出来ると思うのだが………。


「…………どういうことですか?先生?」


 ミリアも俺と同じようで、真剣な表情でそう聞き返す。


「ミリア。お前の適性はなんだ?」


「(適性?)」


 またもや、聞きなれない単語が出てくる。前の世界のラノベみたいに、そういう魔法の本を読めればいいのだが、あいにく書物庫まで移動できるほど、体が成長できていない。そのため、今の俺は魔法に関しての知識はほぼゼロなのだ。


「…………知っての通り、水と風、光ですが」


「(…………これはもしかしてアレか?適正がないと魔法が使えないみたいな…………)」


 冷や汗が出そうになる。まさか、その適性に問題があるのだろうか?


「そうだな。そして、その子の適性は…………」


「「「……………」」」


 一瞬の静寂が部屋に訪れる。そしてネロさんが口をニヤリと開いて、


「全属性じゃ」


「…………へ?」


 後ろで、マルシアが気の抜けた声を出す。


「(…………えっと?全属性?それって……)」


 と落ち着いて考えようとしていたところに、


「ユウちゃん!!」


「うにゅ〜〜〜」


 と、いきなり今までにないほど強く抱きしめられる。


「すごいすごい!!本当にスゴイよ!!ユウちゃん!!」


 まるで少女のようにキャッキャウフフと俺を抱きしめながら、部屋を飛び跳ねるミリア。今までにないほど、興奮しているようで、


「う〜〜〜〜!!」


 と、俺が窒息しそうになって肩を叩くのだが、


「はぁ………スゴイよ。本当に」


 と、ボーッとしている。


「(や、ヤバイ!?まじで息が!?)」


 と、俺が死にかけていることにマルシアが気づいたようで、


「み、ミリア様!!ユウト様がっ!!」


「え?………きゃあ!?ユウちゃん!?大丈夫!?ご、ごめんね!?興奮しちゃって」


 ミリアはそう言って、ようやく俺を開放する。まぁ、女性の胸で窒息死なんて特殊な幸せな死に方はなかなか無いと思うが、まだ死ぬのは惜しい。


「ご、ごめんね………ホントに」


 と、いきなりシュンとしてしまうミリア。ミリアがこんなふうになるのは珍しい。とは言え、ミリアのこんな顔は見たくないので、


「あぅ〜〜」


 手を出来る限り伸ばして、頬を撫でる。…………というより、ただ軽く「ペシペシ」と叩くことしかできないのだが………。

 それでもミリアは、俺の言いたいことがわかったのか、柔らかな笑みを浮かべて、


「ありがとう、ユウちゃん」


 と、いつものミリアに戻った。……………よかったぁ。


「ふむ……………やはり知能があるようだな。赤ん坊とは思えないほどに。これは鍛えがいがありそうだな」


 せっかくいい感じになってきたのに、またこの変態せんせいがあの顔をして、余計なことをいう。


「…………私を同行させてください。それがこの子をあなたに預ける条件です」


「(…………え?マジ?)」


 これまで完全に変態反対派だったミリアが同行するとはいえ、まさか承諾するとは………。

 俺がそんなことを考えていると、ミリアは俺の目をじっと見て、辛そうな表情をしながら話し出した。それはもう辛そうで、目には涙が見える。


「もちろんね?私もこんなことはしたくないの。でもね、こんなの・・・・でも優秀な魔術師なの。こんなの・・・・でも…………しかも、アレ・・は全属性に適正があるの。私がそうだったらよかったんだけど、残念ながら私じゃ教えられないこともあるの。だから、アレ・・に教わってくれるかしら?もちろん変なことはさせないわ。ユウちゃんには才能があるからそれを活かしてほしいの」


 と涙ながらに話すミリア。それを聞いて、俺もミリアの辛さ?が分かった。ミリアがここまでしてくれているのだ。自分だけ逃げるのは卑怯だ。だから俺は、


「あいっ!」


 と返事をした。ミリアはそれを見て、


「………ありがとう。ユウちゃん」


 と俺をぎゅっと抱きしめてくれる。ポカポカするミリアの胸の中の俺を、眠気がおそい、瞼が少しずつ下がってきて……………、


「…………なぁ。酷くないか?さすがに」


 と流石に応えたのか、苦々しい表情の変た…………ネロ先生がいた。


「先生がいけないんですよ?そんな表情するから」


「………わるかった。まぁ、そういうわけでこれから私がお前の師匠と言うことだ」


 立ち上がって俺の前に来てそう言ったネロ先生。


「(まぁ、確かにこれからお世話になるんだし一応挨拶くらいはしておいたほうがいいか)」


「…………あい」


「…………何故か、先程よりもやる気が感じられないんだが」


「先生ですから。ね、ユウちゃん?」


「………………」


 そんなこんなで、俺の魔法の師匠が決まった。ネロ先生はそれから魔法について簡単に説明してくれた。雑談になるとどうしても眠くなってしまい、フラフラしてしまっていたが、とりあえず基本は分かった。

 魔法を発現するのに必要な魔法の基は魔力であり、これを消費することにより魔法を発現する。まぁ、ここらへんは予想していたとおりだ。そして魔力には色があるらしく、それが魔法の適性ということらしい。火属性なら赤。水属性なら青。そして、俺みたいな全属性は虹色らしい。この色というのは、魔眼を持つものにしか直接見えることができない。そのため、それを生業としている人間もいる。だが、ネロ先生は魔眼持ちではない。先生いわく、裏技を使って俺の属性を調べたらしい。まぁ、その話はまたにしよう。

 そして属性についてだが、基本属性は火、水、風、雷、土の五つで光、闇、無属性の三つが副属性として加わる。特徴なんかはラノベとだいたい同じだった。それとこれらを組み合わせることで合成魔法と呼ばれるものも作れるらしい。これは完全にオリジナルなようで、その分扱いも難しいが強力な魔法になるらしい。ぜひとも教えてほしいものだ。

 まぁ、基本はこんなところだろうか。とりあえず、自分に才能があったということは素直に嬉しい。きっとあの両親なら少し魔法を覚えただけでスゴく喜んでくれるだろうな。

 これからの生活がさらに楽しみになってきた俺だった。




                 To be continue.

「男尊女卑の改革者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く