朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#19 あとふたり

『新しい部活ねぇ…。』
職員室に行き、担任である理沙ちゃん先生に
新しい部活についての案を持ち込む。
『駄目…ですか?』
『そうねえ〜、ん〜…。』
俺の問いに先生は言葉を濁す。
『駄目なの ︎』
アクアが食い気味に聞く。なぜこいつがこんなに
情を燃やすのかが、いまだわからない。
『じゃあ、条件を出すわ!』
『じょ、条件…?』
理沙ちゃん先生の勢いある言葉にちぃが聞き返す。
『まず、あなた達はまだ部員数が4人。
だからあと二人!計6人にすること!』
『は、はぁ…。』
『部室は使ってない旧校舎を使えばいいし…。
顧問は…』
『顧問は!!??』
アクアが目をギラギラ輝かせ、理沙ちゃん先生に
詰め寄る。
その目を見た先生は、ため息をつき
『あと二人集まったら、私がやるわ…。』
『おぉー!』
4人から歓声が上がる。
『失礼しました。』
職員室のドアが完全に閉まったのを確認し、
私は机に顔をうずめる。
『大丈夫ですか?』
古川先生の透き通った芯のある声に顔をとっさに
持ち上げる。
『え、ぇえ!大丈夫です!』
『ぼくが変わりましょうか?』
『え?』
古川先生の柔らかい笑みに思わずドキッとしてしまう。
『佐藤先生、バレー部もお持ちでしょう?
僕は、文化部ですので…』
『いえいぇ!無理なさらなくてけっこうですよ!
それに…』
『それに?』
私はあのキラキラに光る眩しい瞳を思い出す。
『私もちょっと、やってみたいなぁーって…』
私はバレー部のスケジュール表を棚から取り出した。













『いねぇぇぇぇ!』
悪魔の咆哮が学園中に響き渡る。
『ま、まぁアクアちゃん…、』
トウマが宥める。
『それにしても全然見つからないね…。
皆、部活決めてるらしいし…。』
ちいのことばに俺はこくりと頷く。
教室に戻った俺たちは他クラスなどにも勧誘しているが、みんな部活を決めており、申し訳なさそうに
断られてしまう。
『誰かいねぇかな…。まだ部活決めてなくて
信頼のある真面目で、何か…っ』
俺はクラスを見渡し、言葉の途中でとぎる。
『いた。』
『…え?』
3人の声が綺麗にハモる。
『あいつ。』
俺は廊下側の席に座り静かに読書をしている、
メガネをかけ、綺麗なツヤのある髪の毛を2つに
三つ編みしている少女、新宮 弓月(あらみや ゆづき)
を指差した。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く