朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#17 悪魔は部活に入りたい

『私、部活入りたい!』
そう突然アクアが言ったのは、俺、トウマ、
ちぃ、アクアで昼食を食べている時だった。
『部活かぁー…。』
トウマは中学時代のことを思い出したのか、
天井を見上げながら自分の世界に入っていく。
『アクアちゃんは、何部に入りたいの…?』
『ん〜。何だろう?』
ちぃの問いにアクアは深く考え込む。
『よし!じゃあ放課後、部活見学しにいくか!』
ちょうど今、新入生は部活見学の期間だったため
俺は三人にそう提案した。
『おお〜。いいな、それ。』
『うん…。わ、私もちょうど見たかったし…。』
『見学…かぁ。ふむふむ…』
三人の承諾を受け、俺たちは放課後に部活を見学する
ことになったのであった。





キーンコーンカーンコーン
『気おつけー、礼ー。』
終礼の号令と共にクラスのみんなが一気に帰りの
支度を始める。
『よし、行こー ︎』
珍しくハイテンションのアクアに三人とも席を立つ。

『ごほ、ごほ…。それでは…。』
『…………?』
突然、声の調子を整え始めたトウマに三人同時に
?マークを浮かべる。
『まずは陸上部… ︎
後輩、先輩の差があまりなく、練習の偉さも
そこそこ。個人戦のため入賞しやすいといえば
しやすい!』
突如、解説を始めたトウマ驚きを隠せない俺とアクア
だが、幼馴染のちぃはそんな様子のトウマを
当たり前のようにニコニコと見ている。
これが普通なのか…?
そんな疑問を浮かべる暇もなく、トウマの解説は
どんどん波に乗ってくる。
『…最後に吹奏楽部… ︎
文化部の中で一番人数が多く、8割が女子!
中学校からの部員も多いが、高校からの入部の
初心者も大歓迎だ!』
やっと終わった。トウマによる部活紹介は30分ほど
続いた。その間、ちぃは全く笑顔を崩さず、
アクアは長話をされた経験があるのか、慣れた感じを
見せている。始業式とかの校長先生のスピーチだけでも
ギブアップの俺からしたら、地獄だった。
『なんで、そんな知ってんだ…?』
目をキラキラと輝かしているトウマに率直に思った
疑問わぶつける。
『いや〜、実は俺、部活マニアってやつでさ…。』
始めた聞いたマニアだ。
そんなことはさておき、この見学会の当初の目的は
アクアが興味のあり部活を見つけることだ。
『ア、アクア…。いい部活は見つかったか…。』
しばらく目をパチパチさせ数秒考える素振りを見せ、
何かを閃いた顔をしてアクアはこちらに顔を向けた。
『ピンとくる部活なかった…!
新しく部活を作ろう ︎』
                                       






       『は ︎』
俺の困惑の声は、学校中に響き渡った。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く