朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#16 徳馬のhelp日記(2).

『見つかんねんなー…。』
徳馬がそう漏らしたのは、迷子助けから
15分が過ぎた頃だった。
『どこ…行っちゃたのかな、?』
ウルウルと目を潤す少女を見て、慌てて口を塞ぐ。
『何やってんのよ ︎不安がらしてどーすんのよ!』
そう言って俺に怒声を浴びせるのは悪魔だ。
悪魔に怒られるのは癪だが、まぁ、正論だろう。
『とりあえず、人通りが多いところに行くか。』
いつの間にか人が少ない路地の方まで来てしまった
ので、俺はアクアにそう提案した。
『それも、そうね…。一体どこにいるのか…』
『なぁ、ねぇちゃん達…』
アクアの言葉を遮り、後ろから聞こえたのは
若者の声だった。そこには、見るからに《極悪》
といった不良三人組だった。
『あ?てめぇら子連れか…?まあ、用があんのは
そこのてめえだよ。ねぇちゃん。』
そう言ってニット帽を被った不良の内の1人が
アクアに指をさす。
『なっ、なによっ…。』
『俺たちと楽しいことしねぇかあ?』
ニタァーと悪巧みの含まれた顔をした不良に
悪寒が走る。
『うわぁぁぁぁぁぁぁぁん ︎』
同じく危険を感じたのか少女が思いっきり泣きだした。
『うっせぇ、ガキだなぁ!』
不良の1人がイライラし始め、
『黙れよっ ︎』
俺の手を握っている少女に。ではなく、俺に向かって
拳を向けてくる。
『いっ…。』
みっともない悲鳴をあげ、思いっきり目を瞑ったが
いつまでたっても顔に衝撃は与えられなかった。
恐る恐る目を開けると、そこには恐怖に顔を歪める
不良三人組の姿があった。
それもそのはずだ。目の前には自身が得意としている
炎の魔法を全身から纏い立っているのだ。
俺を殴ろうとしてきた不良の手は真っ赤に腫れあがって
いる。どーやら、殴られる寸前にアクアが顔の前に
結界のようなものは張っていてくれたようだ。
『お前ら…地獄に落とすぞ?』
『ヒィィィィィ ︎』
不良達は、本能的に恐怖を感じたのか、一目散に
走って逃げていった。
あまりにも急すぎる展開に俺はただぼけっと口を開けて
突っ立っていた。
不良達の姿が完全に無くなるのを確認すると
アクアはくるりとこちらに、方向を変え
スタスタと歩いてくる。
『大丈夫だった…?』
ポンと右手で少女の頭を左手で俺の頭を撫で、
天使のような笑顔を見せながら、悪魔はそう言った。
















それからしばらくして騒ぎを駆けつけ、父親らしき
人物が走って向かってきた。
『瑠璃子〜。だーぃじょうぶだったぁか〜〜い?』
某携帯ショップのジェケットを着た、癖の強い
喋り方の男性は少女ー瑠璃子ちゃんの父親で
間違えなさそうだ。
『お姉ちゃん、お兄ちゃんありがと!』
瑠璃子ちゃんの満面の笑みに思わず頬がピンクに
染まる。
きっとアクアもだろう。隣を見ると
『な、何であんたが…。』
驚愕の表情を浮かべ、瑠璃子ちゃんの父親を凝視
している
『おやぁ?あなたぁ、いつぞやぁーのお客様ぁではっ
ございませんかぁぁ?』
その口調にトラウマでもあるのか、アクアは
俺の手を引き、一目散に走り出した。
『うぉっ ︎』
さすが悪魔。その脅威の俊足に声が漏れる。
『お、お邪魔しまーす ︎』
遠ざかる親子に手を振り、必死の形相で走る
アクアから振り落とされないように帰った徳馬で
あった。
もちろん俺の頭からは【おつかい】という言葉を
忘れさられていた。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く