朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#13 初けーたい

屋上で、私、ちぃちゃん、徳馬、
トウマでご飯を食べている時、
『ねぇねぇ、アクアちゃん
ケータイの番号教えて?』
そう言って、手に未知の物体を
持っているちぃちゃんに
『え…?』と、戸惑いの声をあげる。
『もしかして携帯知らないの?』
トウマの問いかけに
『そ、そんなわけないだろ?
今日アクア、たまたま携帯、家に
置いてきたんだよな?』
徳馬のフォローに話を合わせ、
相槌を打つ。
徳馬のおかげで何とか切り抜けることが
できた。





その後、昼食の時間も終わり、私は
学校1日目を切り抜けることができた。
 ーが、まだ戦いは終わっていない。
私は制服のまま、携帯ショップという
ものに足を運んだ。
ほんとは徳馬についてきて貰いたかったが、
言うタイミングを逃し、1人で来てしまった。
ふぅー。自己紹介の時のように深呼吸を
して、自動で開く最先端なドアに驚き
ながら店の中へと入る。
『いらっしゃいませぇ〜。』
手をこねこねしながら、黒の短髪の
40後半ぐらいのキツネ目の男が
待ってました、と言わんばかりに
馴れ馴れしく近づいてくる。
『今日はぁ、どーのようなぁ物を
お探しでぇすかぁ?』
ムカつく喋り方に雷を落としそうになるが、
何とか抑え、
『ケータイというやつを…。』
知っている単語はこれしかない。
ケータイを持っていないことに驚いたのか
男は目をパチパチさせ、
『は〜い。かしこまりぃましたぁ。
ガラケーとスマートフォン。
どちらにいたしぃますかぁ?』
「ガラケー」、「スマートフォン」
知らない単語が出てきて、先ほどの
店員の真似をするように目をパチパチさせる。
『え、えぇとぉ、ですねぇ。」
と言い、見本と書かれた札の後ろから
2つの物体がくっついたものと
角が丸い長方形のような物を手に取る。
『こちらがぁ、ガラケーでぇ、
こっちがぁ、スマートフォンでぇ
ございまぁすぅ。
どちらにいたしぃますかぁ?』
だんだんと店員の喋り方にも慣れてきた。
私は個人的に好きな丸い長方形、
「スマートフォン」を指差した。
『はぁい、かしこまぁりぃましぃたぁ。
機種の方はどうされぇますかぁ?』
またまた、「機種」という新しい単語が
出てきて、素直に?マークを浮かべる。
そのアクアの様子に店員は目をキラリと
光らせる。
『はぁい。機種はですねぇ〜、
例えばこちぃら。
「RAIJIN」超大容量バッテリーにぃ、
約24日間連続待受がぁ、できぃーる
のですぅ。
さらにさらに、こちぃらの、
「SAMURAI」スーパー有機ELディスプレイ
でぇ、4k動画の撮影も、バッチグーでぇ
ございまぁすぅ〜。それから…』
その後、この店員の話は30分間も
続き、疲れ果てた私は目の前にサンプル
として置いてあった、ふつーのスマホを
買いましたとさ。めでたし、めでたし。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く