朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#10 緊張(西田 徳馬の場合)

徳馬はトウマと、アクアは「ちぃ」と名乗った
少女と新しい担任の先生が来るのを
雑談しながら待った。
ガラガラ。教室の前方のドアが開き、
ざわめいていた生徒たちが自分の席に
戻り始めた。
『はーい、席着いて〜』
教師お決まりのセリフを言った、長い黒髪を
一つに結び、赤色のジャージをかっこよく
着こなす担任は、
『今日から1ーDの担任をすることに
なりました。佐藤 理沙子 です。』
黒縁の眼鏡を上に押し当てながら
そう名乗った佐藤先生は、教卓に手をつき、
『きっと初めましての人同士ばっかり
でしょ?自己紹介をしましょう。』
ニコニコそう言った佐藤先生に、俺は
歯を強く噛み合わせる。
ーーーー出た。学校生活の始まり特有の
自己紹介。出席番号1番から名前と趣味や
好きなことなどを言っていくシステム。
淡々と自己紹介をしていくみんなに
俺の緊張はピークをむかえた。
『〜〜〜〜です。よろしくお願いします。』
前の席の人の自己紹介が終わり、
パチパチと拍手がなっている中、俺は
席をたつ。
『西田 徳馬です。好きな物は梅干しです。
これから3年間よろしくお願いします。』
早口でそう言って、拍手が始まる前に
席へ座った。
あんなに緊張しておいて、ふつーの自己紹介を
した自分に、失望したような、ホッとした
ような複雑な気持ちになった。
ふと、アクアは大丈夫なのか、と思い
金髪ツインテールの少女を探す。
見つけた彼女の顔を見て、またもや
『ぷっ』と笑ってしまった。
顔が真っ赤で、汗だらだらで口に出さなくても
わかるレベルの緊張具合だ。
愛花の家でアクアと出会ったときと
比べると、今のアクアは、キャラ崩壊を
超えて、もはや別人だった。




「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く