朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#6 初めましての自己紹介

『そーいや、何で誰も気づかないんだ?』
俺はふと疑問に思ったことを呟く。
気づかないというのは、この奇抜な格好と
角と翼のことだ。
さっきから、サラリーマンや、学生などと、
すれ違っているが、誰も彼女を見て、
驚いたりしていない。
『催眠魔法よ。周りの人には、あなたが見慣れて
いる本来の宮園 愛花に見えてるわ。』
悪魔が魔法を使えることに少々驚いたが、
『何で俺には見えるんだ?』
『いるのよ。ごく稀に催眠魔法が効かない
人間が。本来なら抹殺するところだけど、
私はそんな酷い悪魔じゃないから、安心して。』
さらっと言ったその言葉に体から血の気が
引いていくのを感じた。
『こ、殺すって…。そういう魔法も使える
もんなのか?』
『えぇ。まあ、その人に適した魔法属性ってのが
あるんだけどね。…ちなみにわたしは
雷属性と火属性。』
見た目に合ってると言おうと思ったが、それを
言ったらあの世にバイバイしそうだったので
口を押さえた。
『そういや、まだ名前を言ってなかったわね。』
彼女は歩きながら、ちらりとこちらを向く。
『私は、アクア・ロドニー。
アクアって呼んで。』
アクアと名乗ったその少女は、手を自分の胸に
置き、そう言った。
『俺は西田 徳馬だ。よろしく。』
アクアに続いて、自分の名を名乗った。
お互いの自己紹介をしたところで、
俺達がこれから通うことになる、
「下川第2高等学校」が姿を現した。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く