朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#3 デビリアン・ジョーク

(近所にあんな派手な人いったけ…?)
と思いながら、ドアから遠ざかっていくと
突然、制服の裾をグイッと引っ張られ
尻もちをつきそうになる。
『な、なんだよ!あんた ︎』
俺が角と翼を生やした女の子に詰め寄ると、
『あんたこそ、なによ ︎人の顔見るなり
いきなり扉を閉めて ︎。』
彼女の反論に負けそうになるが、
『そりゃ、幼馴染の家の中だと思った所から
金髪ツインテールの悪魔みたいな格好している奴
がいたら逃げたくなるさ!』
その言葉に彼女の顔は氷のように固まった。
『えっ…?』
彼女の表情に思わず、困惑の声を漏らす。
『あなた…。私の姿、何みたいに見えるって
言った?』
こいつ何言ってんだと思いながらも、
『だーかーら。悪魔みたいって!』
と先程と同じ言葉を繰り返した。
『はぁ〜。まさか、こんなに早く見つかるとは…。』
頭に手を当て、ブツブツ呟く少女に
本気で心配した顔を向けた。
『で?あんた誰なの?』
これでやべぇ答え言ったら真面目に精神科に
電話しようと思った。
彼女は青い瞳のキョロキョロさせ、戸惑いながら、
『宮…園 愛花…。と言っておくわ。』
よし、精神科、決定だよ☆
今日はとんでもない日になりそうな気がして
俺は不安を胸いっぱいに募らせた。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー114788

    面白いです!
    楽しみにしてます!
    これからも頑張ってください!

    5
コメントを書く