朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#2 幼馴染が悪魔に取り憑かれた件

俺は気持ち早足で唯一の幼馴染といっていい、
宮園 愛花の家へと向かう。
学力平均、運動ノーマルの俺が自慢できるのは
愛花の幼馴染だということぐらいだ。
テストは常に上位、運動神経抜群、容姿端麗の
美しい姿の虜になった男の数(俺を含め)は
数えきれない。
艶のあるきれいな腰まで伸びた黒髪、
ぷっくりとした薄いピンク色の唇、左右対称な
まんまるとした目。
正直、テレビに出ている女優やモデルに匹敵、いや、
それ以上の容姿も持っている。
そんな愛花とは保育園の頃からずっと一緒だが、
まさか高校まで同じだとわかったときは、
うれしくて目のふちには涙が浮かんできていた。
愛花との思い出を振り返っているといつのまにか
見慣れたクリーム色の一軒家についた。
【宮園】と書かれている表札を抜け、インターホンの
前で足を止める。
ふぅー。俺は一度、深呼吸をし、力強くインターホンを
押した。
『はーい。』パタパタと階段を慌ただしく降りる
音が聞こえる。
ガチャっと扉が開き、見慣れた美しい姿と対面の
はずだった。

中から出てきた人物に俺は目を見開いた。
金色の綺麗な髪をツインテール風に結び、
頭から角(?)が2本生えていて、背中に生えた
漆黒の翼が人間じゃないと教えてくれたその少女は
青い瞳でこちらをじとーっと見つめてくる。
俺は必死に笑顔を取り繕い、
『す、すみません…。家、間違えたみたいで…。』
ハハハ〜と笑いながら俺は静かに
おそらく宮園 愛花の家である扉をパタンと閉めた。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • そらちーヌ

    ありがとうございます!

    3
コメントを書く