朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件

そらちーヌ

#0 悪魔的、自立生活

『もうお主も15歳じゃ。
準備はできておるな?』
図太い声を自分の目の前に立っている少女
にかける。
『はい!お父様』
少女は満面の笑みを父親へ向ける。
少女はくるりと体の向きを変え、地上への入り口へ
向かっていく。
『憑依する身体は見つかったのか?』
『もちろんです。お父様。』
『それでは、行ってまいります。』
少女は手をひらひらと振る。
そして、少女の体がふわりと浮いたとき、
『契約、忘れるでないぞ。』
父親のその言葉に少女はうっすら笑みを浮かべ
『もちろんですわ。』と言い放ち
父親の前から姿を消した。

「朝起きたら、幼馴染が悪魔に取り憑かれていた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く