ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

討滅戦 ④ 懐かしの香り

レインが刀を無造作に振るうと、目の前の魔物は、抵抗も許されず綺麗に輪切りにされ肉片を撒き散らしながら崩れた。

「雑魚モンスターがこのレベルってことは…まぁ想定内だな」

レインは刀を一振して魔物の血を落とし、流れるような動作で鞘に納める。
数分前に別の魔物と戦った後試しにやってみのだが、時代劇やアニメでよくあるこの一連の動作が出来てしまうことに、レイン自身も驚くと同時に少し興奮していた。

「はぁあ!!」

アリサ達も三人で協力し、もう一体の魔物の討伐に成功したようだ。

そんな中、一人後方で腕を組み状況を見守るイグラッドは、満足げに口を開く。

「うむ。今の戦闘はなかなか良かったぞ」

(これはまた随分と偉そうに・・・)

内心呟くレインとは裏腹に、アリサ達はイグラッドに何やら助言を受けている。

レインは構わず歩き出す。

(それにしてもさっきの魔物、咄嗟に斬ったけど、よく見ると知らない魔物だな)

しかし、特に興味は湧かないのでレイン達は先に進んだ。


それから少し歩いた頃──と言っても、アリサが皆を急かすので、最早走っていると言った方がいいだろうが──レイン達の前に、四方を岩壁に囲まれたこの場所には似つかない木製の古めかしい扉が現れた。

「・・・開けるよ」

四人が頷いたことを確認したレインは、ゆっくりと扉を開けていく。

「ここは・・・図書館…書斎、ですか?」

扉越しに見えた部屋の中は、今までの通路洞窟と比べ相当に広いであろうことが分かる(通路でさえ走り回れるほどの広さはあったが)。
トラップがないことを確認し、中へ入ると、体育館ほどの広い空間には、巨大な本棚が綺麗に配列されていた。その一つ一つにびっしりと数々の本が仕舞われている。

(上の方の本はどうやって取るんだろうか)

竜の姿になったイグラッドなら取れるだろうかと思う程の書架の列挙する光景は、レイン達に純粋な衝撃を与えていた。

辺りを見渡しながら歩いていると、ふと開けた場所を見つけた。
テニスコート程の広さのそこには、一般的なサイズ・・・・・・・の素朴な読書机があり、開かれた分厚そうな書物のページが、どこからか吹く風に揺らされていた。

レイン達がそこに近づくと、まるで待っていたかのように本は独りでにページをめくる。

「なになに・・・『真なる記憶を知りたくば、深なる魔水を召し下せ』…?」

レインが本の開かれたページの内容を読み上げると、いつの間にやら茶黒い液体の入ったカップが本の横に置かれていた。

「要するに、これを飲めって事ですかね?」

「まぁ、そうだろうね」

アリサに答えたレインは、迷うことなくコップを手に取る。

「え、飲むんですか!?」

「うーん…だってこれ・・・」

慌てて止めようとするアリサだが、レインはその液体が何なのかが既に分かっていた。

(向こうでは毎日のように嗅いでいたこの香りにこの色。あぁ、なんか落ち着くし、懐かしいな)

一人香りを楽しむレインだが、その正体を知らないアリサ達からすれば、得体の知れない液体の匂いを嗅いでホッコリしているただの奇人である。

「あ、あの、グレスティアさん?さすがに辞めておいた方が・・・」

アリサが引き気味に止めてくるが、レインは気にも留めずにカップに口をつけ、傾ける。やがて口の中へと広がった苦味、酸味、そして香りを感じてレインは確信し──

(うん。やっぱりこれはコーヒ・・・)

──そのまま意識を手放した。



一方、無数のカプセルの並ぶ巨大な部屋で紅いドレスの仮面女と対峙しているのは、レヴィアと相方のおっさんである。

「さぁて、立場上慣れない足止めなんてしてみたけれど…やっぱり苦手なのよねぇ。こういうの」

「おいおい、散々人の事煽っといて今更負けた時の言い訳か?」

「あら?ごめんなさいねぇ、あれはただ思ったことを言っただけなのだけれど?」

扇子をパタパタと扇ぐ女の飄々とした態度に、おっさんは額に青筋を浮かべる。

「俺は自分を滅多に怒らねぇやつだと思ってるんだが。唯一、赤の他人に『馬鹿』って言われんのは我慢ならねぇんだよぉ!」

「ちょっ、あぁもう馬鹿!」

レヴィアの制止も聞かず、遂におっさんは黒光りする短剣を両手に構え走り込む。

「うおぉぉらぁ!…あ!?」

渾身の力で振り下ろした短剣は、突如女の前にまるで盾のように現れた青い魔法陣によって弾かれる。
更に反撃とばかりに、体制を崩したおっさんを挟むように生成された黄色の魔法陣から、バリバリッと電流のようなものが流れ始める。

「あぁもぉ!!」

「うぉっ!」

いつの間にか距離を詰めていたレヴィアがおっさんを乱雑に引き戻した直後、その電流は極太の雷が如く膨れ上がり、辺りを白く染め上げた。

「困っちゃうわぁ。私、接近戦は専門ではないのよ」

小さな笑みを浮かべ言う女は、躱された事などまるで気にしてないのか、はたまた余裕の現れか、未だそのゆっくりと扇ぐ手を止めない。

「チッ・・・普通の魔術師ならただ攻めればいいが、やっぱそうはいかねぇな。レヴィア気を付けろ、あいつただの魔術師じゃねーぞ…痛っ!何すんだよ!?」

「何すんだ、じゃないでしょ!?安い挑発に本気になって、馬鹿みたいに突っ込んで!私がいなかったら確実に死んでたんだよ?」

相方の考えのない行動に、今度はレヴィアが青筋を浮かべる事になった。

「お、おう…すまねぇ」

一つため息をついたレヴィアは、申し訳なさそうに項垂れるおっさんから視線を目の前の女に移し、これからが本番だと剣を抜く。

「・・・」

「・・・?」

無言で此方を見つめる女にレヴィアは一瞬眉を顰めるが、深くは考えず剣を構える。
後ろでは、気持ちを切り替えた相方が油断なく短剣を持ち直していた。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く