ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

冒険者学校 ⑰ レインvsダルダ

「ありがとうございました」

控え室に戻ったアリサは、喜ぶよりも先にレインに向かい頭を下げた。

「指輪の事なら礼はいりませんよ。前も言いましたが、ここにいる全員の指にはめてもまだ余るくらいあるので」

サラッと爆弾発言──この世界では──をするレインだが、アリサは首を振る。

「その事ではありません。いえ、その事もなんですが。兎に角、グレスティアさんの助言・・がなければ私は絶対に負けていました。それに、最後の大爆発の後、レヴィアさんが無傷で眠っていたのも、グレスティアさんが何かしてくれたんでしょう?」

「さて、僕は指輪を差し上げただけです、助言だのなんだのと言われても、覚えがありませんね」

心当たりしか無いレインだが、敢えて知らないふりをする。

「・・・それにしても、あれは本当に上級魔法なんですか?発動時の効果自体は上級のそれと言えなくもないですが、最後の爆発…あれは・・・」

レインをガン見しながらレイが言う。

(やめて、そんな目で僕を見ないで)

「・・・それに、あのリエナ・レヴィアをも戦闘不能にする程の魔法で、何故観客の皆さんへの被害が皆無なのでしょうか?」

続いて、アリサがワザとではないかという程純粋な目でレインを見る。

「ふむ、グレスティアよ。先のあの魔法は私が以前使用したものと同級なのであろう?効果が違うので正確かは分からんが、少なくとも私のあれは最上級魔法として分類されるぞ」

イグラッドが不意に放った言葉で、室内は静まり返る。

「「・・・・・・」」

「ま、まぁ…バレなきゃ・・・ね?」




『────え、えぇっと・・・し…勝者、イグラッド・ルインツァーレ!!』

「はぁ…有名な冒険者チームと言うから期待してみれば・・・とんだ期待はずれだ」

「「・・・・・・」」

「容赦ないな…」

捨てるように言い、文字通りでボコボコにし昏倒した相手を背に悠然と控え室へ戻るイグラッドに、一同はまたもや静まり返った。



『さぁ、気を取り直して・・・いよいよ本日のメインイベントも大詰めであります!ハウルド家からはスラグディアきっての豪傑ダルダ・デリドォ!!』

歓声と共にハウルド家側の控え室から一人の男が出てきた。

『続いて、レクウェル家からは…英雄と名高い、レイン・グレスティアァァ!!!』

続くアナウンスにレインも入場する。

二名は中央で歩く。

(・・・でかくね?)

レインがまず思ったことはそれである。
レイン・グレスティア自身の身長があまり高くないのもあるが、それを差し引いても目の前の男とレインの身長差は驚愕に値する程だ。

(僕が150センチだから・・・3メートル強・・・体を縮めてない時の【憤怒】くらいあるな)

「え、人間?」

地球では有り得ないだろう光景に、レインは思わず口にする。

「・・・うむ、ご名答、であるな。我はダルダ・デリド、小巨人族スモールジャイアントである」

「お、おう」

(小巨人族スモールジャイアント・・・そんな種族はEOWにはいなかったな。てか、小なのか巨人なのかどっちなんだよ・・・)

「案ずるな、多少の身長差など我は気にせん。加減遠慮一切無し、ということであろう?」

(え、なに?なんも言ってないんだけど。それに多少って…倍以上の差って多少って言うんだっけ?)

「えっと・・・うん。そうだね…」

そうしてダルダは黙って己の拳を構える。
レインもそれに倣い、控え室から持ってきた木刀を何となく構えてみる。

『さぁ、両者準備が整ったようです!───ここまでは双方2勝2敗。この戦いを制した者が本当の勝者となります・・・それでは、始めっ!!』

何時しか完成もピタリと止み、閑静な場内を一人テンションが高いアナウンスの叫びが響いた。

先の宣言通り、ダルダはその獅子奮迅と讃えられたその実力を余すことなく発揮する。
瞬き一つ許さず間近まで接近し振りかぶるダルダ、そしてそれを何をするでもなくただ木刀をだらんと下げ見る・・レイン。

(アリサの時ほど手加減はしないとはいえ、さっきのイグラッドのように一瞬で終わらせても面白くないからな)

ダルダが振るった剛腕が届く直前、レインは動いた───誰よりも速く。

「ッ!?」

気付いた時、ダルダは何故か空を眺めていた。それもただ上を向くのではなく、地面に仰向けに倒れてである。

「・・・何が・・・?」

驚愕するダルダだが、今は戦闘中だと思い出し直ぐに起き上がる。

「へぇ、全然平気そうだね。結構思い切り投げたのにな・・・これは  少し解除・・してもいいかもな」

そう呟くレインに向き直ったダルダは、右手に痛みを感じ視線を向ける。そこには何かに掴まれたように赤く跡が付いていた。

「まさか、片手で・・・こんな少女が、であるか?」

ダルダにとって自分の初撃が躱される事はあっても、その反撃で文字の通り投げられるなど初めてであった。

「少女じゃない、男だ」

「っぐぅ!?」

いつの間にか目前で木刀を振ろうとしているレインに、ダルダはギリギリのところで左手を使ってガードした。
全力で踏ん張るダルダだが、遂には防ぎ切れず、レインが木刀を振り抜くと同時に後ろへ押し飛ばされる。

(何故であるか・・・あんな小さな体の何処からあんな力が? 加えて・・・これは、折れているであるな。暫くは使い物にならないのである)

スモールとはいえ巨人族ジャイアントである自分がたった一撃で骨を折られる訳が無い、とは思うダルダだが、修行の最中度々体験した痛みが本当だと報せてくる。

「これはまずいであるな・・・やむを得ん、本来は対魔物でしか使わぬスキルであるが───我に巨なる力を【豪腕剛力】【四肢激成】!!」

ダルダがスキルを使用すると、元々丸太のようであった手足が更に膨張する。どうやら左腕の骨折さえも完治しているようであった。

「おぉ、つまるところ第二形態ってところかな。いいね、そういうの」

敵が強化されたのにも関わらず、レインは笑い、喜ぶ。

「あまり甘く見るべきではないのである、これよりは、先とは全く別の戦闘と思うべきであるっ!」

「っ!」
 
全力を出したダルダの疾風の如き踏み込みは、レインの目ですら見えなかった・・・・・・。既のところでダルダの繰り出した正拳突きの直撃は免れたが、無理な防御で木刀が粉砕される。
レインは一度は飛び退き距離をとり、柄だけ残った木刀を投げ捨て、「・・・ボロいな」と呟く。

「どうするであるか、武器を再び取りに行くと言うのなら待つであるが?」

敢えて追撃せずそう問うダルダ。

「・・・いや、いい」

「そうであるか。では、行くであ──」


「武器なら、もうある」

静かな、笑みなど微塵も感じられないその声を聞く相手は、もうそこにはいない。
今のレインの全力の一振りによって既に吹き飛ばされ、一瞬で観客席の壁に激突しているのだから。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く