ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

人竜戦争 ⑯ 英雄


「こんばんわー」

「いらっしゃい。あら!ティア君じゃない。どうしたの?この国の英雄様たちがこんな所に?」

レイン達が賢者の食卓に入ると、おばさんが驚いたように言う。

「え、英雄?」

「聞いたわよ。ティア達の冒険者パーティが、竜族の王様をやっつけて数百にもなる竜族達を撃退したって」

戸惑うレインを置いて、おばさんはさらに続ける。

「しかも!誰も見たことが無いようなとてつもなく綺麗な魔法陣も生成できるんですって!?」

話しているうちに、おばさんの顔は高揚で赤くなっていた。

「お、おばさん、落ち着いて!」

「はっ!ごめんなさいね、実は私も昔冒険者をやっていてね。実力のある人を見ると熱くなっちゃう事があるのよ」

「あれ?おばさんって冒険者だったんだ?」

「あ、そう言えばティア君には言ってなかったわね。そうよ。これでも私、元Bランク冒険者なのよ?…まぁ、ちょっと怪我をしちゃって引退たんだけどね」

「怪我、ですか・・・」

正直レインにはその辺の感覚はよく分からなかった。

(冒険者を引退しなければならないほどの怪我か・・・今まで戦った中で僕が怪我を負うような敵はいないけど、用心は必要だよな)

「・・・まぁ、そのおかげでこの店も起こせたし、ティア君とも会えたもの、決して悪いことではなかったわ」

そう言っておばさんはレインに笑いかける。

「さて、この話は終わりにして。ここに来たって事は、今夜泊まるところを探しているんでしょ?」

「うん。・・・あ!そう言えば、お金ないんだった・・・」

レインは、自分が一文無しであったことを今頃思い出した。

「大丈夫よティア君。国を救ってくれたティア君達から、ましてやその日にお金を取ろうなんて言わないわよ?」

当然のことのようにおばさんは口にする。

「えっ?いいの?」

「ええ。逆に私としては、泊まってほしいくらいよ。英雄様御一行が泊まった店なんて、みんな行ってみたくもなるでしよ?」

借りを作るのはあまり好きではないレインだが、利害が一致しているのならば問題ない。

「あー。じゃあ、お言葉に甘えて」

「では、8人、でいいのかな?」

おばさんは記録帳であろう紙に記入する。

「そう言えば、おばさんはこの【憤怒】って、怖くないの?」

ふと思ったことをレインは聞いてみた。

「うーん・・・昔一緒に冒険していた人の中に【召喚術士】がいたから、そこまでの抵抗はないわね。・・・流石にあの人でもここまで強そうな個体を召喚出来てはいなかったけどね?」

「そうですか、なら良かったです。実はここまでくる間にあった人達がこいつを見て怖かったのか、隠れたり逃げ出したりしちゃったんですよね」

レインは、苦笑いで頬を掻く。

「それはしょうが無いわね。正直私も、最初に見た時はちょっと怖かったもの」

「・・・【憤怒】よ。なにかとてつもなく悪口と思しきことを言われているが、私はそこまでのことは思ってはいないぞ?」

見かねた【傲慢】が【憤怒】をフォローする。

「・・・【傲慢】よ。それだと、少しは思っていると聞こえなくもないが?」

「・・・」

・・・あまりフォローにはなっていなかったようだ。

事実、今は店の大きさ的に体を縮めている【憤怒】だが、レインから見ても少々──お、おう──と思うところがあった。特に顔が怖いのである。

「まぁ、取り敢えず。今日はもう休ませてもらうね。じゃあ、おやすみ」

「ええ。おやすみなさい」

そう言ってレインはおばさんから鍵を二つ貰い、部屋へと向かった。

因みに今夜は前回の失敗を活かし、レイン、サラで一室。後はメアを監視するため、同室とした。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く