ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

信賞必罰

高い天井、豪奢なソファ、立派な柱、高価そうな絨毯、そんな豪華を体現したような部屋で、これまた豪華な衣装に身を包んだ男と紅華がソファに座り向かい合っていた。二人の周りには数人の鎧に身を包んだ者達がいる。

「・・・それで?紅華殿。折入った話とはなんなのだね?」

紅華は向かいに座っている男に話し出す。

「ズノワ大森林に黒竜が現れました」

それを聞き、男と衛兵たちが驚きを顔に浮かべる。

「ふむ・・・それでそなたは何故ここにいる?この国で竜族に勝ち得るなどそなたくらいだろう。まさか、もう討伐したと申すか」

その通りだ、この国で単騎で竜族を討伐できる者など紅華くらいだろう。知られている範囲では、だが。

「はい。既に討伐は完了しております」

国家を危機に陥れるかもしれないという存在をこうも簡単に討伐したと言われ、皆が驚愕する。

「それは本当か! して、死骸は持ち帰ってきておるのか?もしそうであるならばすぐに解体屋を手配しよう」

最強の存在である竜族の素材は、当然ながら高価で貴重だ。質によってはが買い取らなければならないという程に。

「申し訳ありませんが陛下・・、死骸は討伐の際に消滅してしまっています」

それを聞いて男は、セタリッド国王は苦虫を噛み潰したような顔をする。

「ううむ。死骸がない、か・・・しかし、討伐時に黒竜の死骸をも消滅させるとは。紅華殿、貴女はいったいどれほどの力を持っておるのだ?」

紅華はこの人は何を言っているのだという風に首を傾げる。

「何か勘違いをしているようですが、討伐をしたのは私ではないですよ?」

「なに!?黒竜を討伐したのはそなたではないと?で、ではいったい誰なのだ?」

もはや理解ができないという衛兵たちを置いて、国王は老齢な顔を今日一番の驚愕で染め、問う。

「んー…これって言っていいのだろうか」

紅華は国王に聞こえないように呟く。

「ど、どうした?黒竜が現れたのも驚きだが、それを消滅させる程の人物とは・・・?」

紅華は考える。こんな場合、同じサポートキャラクターであるメアならばどのように考えるかを。

「ではその前に、一応人払いをお願いしても?」

国王はすぐに衛兵たちに指示を出す。全員が部屋から出ていくのを確認し、紅華は話し出す。

「その者…いえ、その御方の名は・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは前にも言ったことがあったかもしれないが・・・僕は今とても困惑している。朝日の光で目が覚めたと思ったら目の前に美少女の寝顔があるのだ。なんだこれは、朝起きたら美少女が僕に抱きついて寝ているとは。こ、これが天国だというのか?・・・なんて冗談は置いておいて。

「・・・サラ。おーい朝だぞー」

「んーー」

両手の拘束をどうにかしようとサラを起こそうとするが、起きるどころか更に密着してくる。これはまずいな、何がまずいって?それはまぁ、色々だよ。あぁ、無くなってなかったらどうなっていただろうか・・・というか、これをメアが見たら不味そうだな。

コンコン

「主様、起きてますか?」

ほら見たことか。はぁ、こういうタイミングの良さは要らないのだよ、メア。

先程から聞こえていた足音の主が期待とは逆だったことに残念さを感じながら僕は仕方なく、サラがひとりでに起きてくれることを期待し寝た振りを敢行する。流石に寝ている僕に何かをするなんてことはないだろう。

「主様?・・・し、失礼します」





・・・・・・・・・・・・ん?

少し経って、ふいに僕の背中側(ベットの縁側)の掛け布団がめくられる。

・・・もしかして

何か・・を感じた僕は咄嗟に体の向きを変え後ろを見た。

「あ・・・」

それはもう綺麗に、僕とサラが寝ているベットに入ろうとするメアと目が合った。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「お、美味しい・・です」

僕、サラ、ルーナの三人は、やはり美味しい朝食を食べていた。え? もう一人足りない?・・・そういえば日本には【信賞必罰】なんていう言葉があったっけ。まぁそれは置いておいて。人間種であるサラは昨日から何も食べていないだろうしお腹が減っているだろう。ただでさえ美味しいおばさんの料理がより一層美味しく感じているに違いない。おっと、僕も冷めないうちに食べなければ。




「「「ご馳走様でした」」」

「あら、食べ終わった?じゃあ後は私が片付けて置くからそのままでいいわよ」

カウンターで手帳のようなものとにらめっこをしていたおばさんがそう声をかけてくる。

「分かりました。ではこれで」

「はい、また泊まりに来てちょうだいね」

僕達は使った皿を重ね、机を拭いてから宿屋をあとにした。

この後はギルドへ行って何かクエストを受けるつもりだ。実を言うともうお金がない。昨日一泊でいいと言ったのもそれが理由である。そういえば緊急クエストの報酬ってどうなるんだろか…
そう考えながらギルドへと向かって歩いていく・・・ん?それにしても何か忘れているような気がする・・・

「主様ぁぁ〜〜置いていかないでぇ〜〜」

びっくりして後ろを見ると、半泣きのメアがこちらに向かって走ってきていた。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く