ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

調査③ 激怒

「クライヴ!!ハスタ!!ルーク!!」

リルさんは僕の手を引き走りながら仲間達の名前を呼ぶ。

「リル!!俺達が食い止めるからお前はティア君を安全な場所へ!!」

「・・・みんなっ! すぐ戻って来るわ!!」

実際、僕が黒竜と戦えば確実に勝てるだろうが、ここで僕の実力をみんなに知らせてもいいのだろうか?

僕はそう悩んでいた。そんな悩みのせいで、後にあんなにも後悔することを知らずに…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな悩みは知らずにリルさんは僕をキャンプの僕が寝ていたテントに送り、すぐに仲間達の元へと戻って行った。そして僕は、勝てるとわかっていながらも、初めて見る黒竜に気圧され動けずにいた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・どれほどたっただろうか。先程まで聞こえていた、戦闘音も聞こえなくなり。やっと僕はテントの外に出た。そして見た。嗅いだ。聴いた。所々にある生々しく抉れた地面。濃厚な血と人の焼けた匂い。そして、【死】の静けさを…


僕は呆然とただ歩いた。
ちょうど中腹まできただろうか。1番激しく戦闘しただろうこの場所には何人もの人の死体があった。原型を保っているものは少ない。殆どが、四肢がなかったり、潰れていたり、焼けて炭化していた。

そして見つけた。見覚えのある剣と、その・・焼け焦げた死体を。見つけてしまった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は昨日の夜、テータスを見ていて、その中に【精神強化Lv9】というものを見つけた。【魔眼】で【鑑定】してみると、能力が見れた。

【精神強化Lv9】:所有者の精神を強化し、強固にする。他にも、精神支配の無効、精神の安定化の能力が統合されている。

笑えてくる。なにが、【精神強化】だろうか。たった2日の付き合いの、他人・・の死体を見ただけで動揺するような精神なんて、強化されているとは思えないな。


僕は、同じく昨日の夜発見したゲーム時代の【アイテムボックス】から、白い布を取り出し、炭化し所々が欠落した死体のようなものにかけてやった。そして歩き出した。奥の方へ、あいつ・・・を探しに…

「待っててくださいね、リルさん・・・・。あいつ、殺して来ますから」

僕の周りには制御しきれない魔力の渦が発生し、空を切り、地を抉っている。

僕は、【激怒】していた。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く