ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

女の子っぽい

「はぁ。一応当事者だろうし、行くか」

実際昨日はびっくりして痕をすぐに離れたため、あまり観察していなかったのだ。僕の魔法の威力がどのくらいなのかをしっかりと確認しておくべきだろう。

僕は近くのカウンターに向かった。

「すいません。緊急のクエストに参加したいんですけど」

「承りました。では、ここにお名前を書いてお待ちください」

ボードの赤い紙に書いてあったが、クエストには、5人1組で行くらしい。なんでも、痕がものすごく広いから区画分担して調べるのだそうだ。

呼び出されるまで僕は特に何もすることがないので、適当に本でも読んでいることにした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「緊急クエストに参加している方はこちらへお集まりくださーい」

20分ほど本を読んで待っていると、職員の人から招集がかかった。

「まずは、参加ありがとうございます。そして、今回のクエストには5人1組で参加していただくため、組を作って下さい」

まずい。この流れは、よく学校であった「〇〇くんが余っているので、誰か入れてあげられる班はありますかー?」のパターンだ。それだけはなんとしても回避しなくては。

「君、良かったら俺たちのチームに入んない?」

誰に話しかけるか迷っていた僕に、背後から声がかけられる。振り向くと、3人の男性と1人の女性が立っていた。

「君ってEランクでしょ?わかんないこともあるだろうし何か教えてあげられるかもしれないから、俺たちのチームに一時的にでも入ってくれないかな?」

「あぁ。それはありがたい。喜んで入らせて貰うよ」

僕からしても色々と聞けるし、人数も丁度で願ったり叶ったりだ。

「組み決めは終わりましたか?では、クエストについて、副ギルド長から簡単に説明していただきます」

副ギルド長と呼ばれたダンディなおじさんが小さな台に上がる。

「えー、今回のクエストは、ズノワ大森林に突如発生した謎の痕の調査です。そして組を作ってもらったのは、これが広大ゆえ、区画を決めて調査するためです」

さっきカウンターのお姉さんに聞いたことばかりである。再確認というやつだろうか。

「兎に角、今回はただの調査ですので戦闘はないかと思いますが、用心は欠かさぬよう。では、ギルド前に馬車を用意しているので、組ごとに乗り込んでください」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「じゃあ自己紹介からしようか」

僕達にあてがわれた馬車に乗ったあと、チームのリーダーっぽい人がそう切り出した。

「まず、俺たちはチームを組んでいてね、俺がリーダーで戦士のクライヴ、狩人のハスタ、支援魔術師のルーク、攻撃魔術師のリル。まぁ、よろしくな!」

ふむ、やっぱりここでも職業は全部EOWのものだな。やはりこの世界は文明レベルやモンスター、建物の中世的な外観といい、地理以外はほぼEOWのものだと思うべきか…それと、この世界の地理も調べておかないといけないな。おっと。僕も紹介をしなければ。

「僕はレイン・グレスティア。呼び方はなんでもいいよ。あ、職業は・・・えっとぉ。一応魔術師だね」

正確に言えば違うのだが、まぁ嘘ではないだろう、皆が下級職だったので、隠し上級職である【堕天者】と正直に言ってなにかトラブルがあっても面倒だし。
僕がEOWで使っていたこの職業は主に魔法を使用して戦うが、接近戦でも極めれば近接に特化した職業にも勝る戦闘力を有する。それほどの強職なだけあってゲーム内でも発見できた人は少なく、実際にこの職についている人はユーザー全体で見ても数十人しかいないだろう。

「よし!じゃあ自己紹介も終わったことだし、グレスティアちゃんはなにか聞きたいこととかある?」

ち、ちゃん…だと!?ちゃん!?え!?

「あの、僕は一応男なんだけど」

「え!?ご、ごめん!帽子もかぶってるし、あんまり顔も見えなかったから勘違いしちまった!ほんとごめんな」

「え?男の子だったの!?」

「まぁじかぁ!」

「男の娘?…イイ」
 
ほかの人も僕が女の子だと思っていたのか。というか初対面でちゃん付けとは・・・
そんなに女の子っぽいのか…まぁ精霊種だから仕方がないよね…それにこの格好も原因なのかな?僕的にはミステリアスな感じがあってかっこいいと思うんだけど。・・・改めて考えると、立ち襟の付いた黒いロングコートに、広いつばがある黒いとんがり帽子じゃ顔もほとんど見えないだろしな。ま、だからといって着替えるつもりもないけどね。

「まぁそれは置いといて、んー…聞きたいことか。じゃあみんなの武器って見せてくれない?」

「武器?いいけど?」

取り敢えずクライヴの武器を見せてもらった。

「・・・」

「俺たちはBランクなんだが、それにしてはいい武器を持ってると思わないか?1年間節約に節約を重ねてやっと買ったんだ」

クライヴはちょっと自慢げに言ってくる。

「あの時のクライヴは金の亡者だったな。ポーションとか小物を買う時でも少しでも安く買おうとして値切りまくってたし」

「そうそう、そのおかげで値切りのクライヴなんで二つ名もついちゃってな」

ハスタとルークが楽しそうにいじる。

「は?!誰だよそんな二つ名付けたやつ!それに、俺はそんな値切りまくってなんか無いからな!」

クライヴがムッとして言い返す。

「ははっ どうだか」

クライヴはさらにムッとするが、何も言い返せないようだ。図星なのかな?

「僕は、頑張ってお金を貯めて本当に買いたいものを買うっていうのはすごくいいことだと思うけど? たとえ値切りまくっていたとしても、ね」

フォローしようとしたのだがちょっとバカにしたような感じになってしまったな、だがまあ本心だ。僕もゲームとしてEOWをやっていた時は、少ないお小遣いとバイトの給料を少しずつ貯めてガチャに挑んでたからな…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「皆さん!着きましたよ!」

その後もたわいない話をしていると、流石に馬車だからか、もうズノワ大森林に着いてしまったようだ。

「じゃ、そろそろお話もやめて、パパっと調査しますか!」

「そうだな。一応緊急クエストだし、気を引き締めていこうな!」

「おう」

「ティア君は初めてのクエストなんでしょ?何かわからなかったら言ってね?」

「あ、う、うん。了解」

先程リルさんが「グレスティア君じゃちょっと長いから、ティア君でいい?」と言いだし、流れ的にそうなってしまったのだが・・・それにしてもティアって…なんか女っぽいなぁ。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く