ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

緊急クエスト

「ただいま」

僕はすぐに宿屋についた。やっぱり本気で走ると、歩いて1日かかる距離も、一瞬で行けるな。軽く新幹線よりも早いんじゃないか?

「あら、遅かったわね。どうする?ご飯ならすぐ出来るけど?」

てっきりおばさんはもう寝ているんだと思っていたが、僕を待って起きていてくれたらしい。なんて優しいのだろう。僕は思わず涙が出そうだよ。

「お願いします」

僕は即答した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはりおばさんのご飯はめちゃくちゃ美味しい。いつまでも食べられるくらいだ。

それにしても、今日は色々なことがあったな。初めての戦闘、初めての魔法、初めての【技】、初めてのスキル、そしてサポートキャラクターとの出会い。と言うか再会かな?

「・・・あの魔法の痕どうしようかな…」

さっき走っている時の見渡す限りの無残な痕。知らないと言ったが、あれは嘘だ。そうですよ、僕ですよ。しょうがないじゃないですか、僕だって予想外だったんですよ。しかもゴブリンたちの死骸も全部呑まれちゃったし。これじゃDランク上がれないじゃん。なんなんだよもう。また明日ゴブリン倒さなきゃじゃあないか。

「はぁ・・・寝よ」

寝ましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「・・・さま!。るじさま!。主様!」

なんだよ人が気持ちよく寝てる時に………?なんかデジャヴだな。いや、今度は飛び起きたりしないよ?

「おはようございます。主様」

おおう・・・なかなか心臓に悪いな。朝起きたら目の前に自分好みの超美人な女性が微笑んでいるのだから。しかも窓の前に立っているせいで、差している日差しで神々しさまで感じる。そうかこれが女神か。と言うか、この体になってなかったならまずかったかもしれない。色々と。

「あ。あ、あぁ。おはようメア・・・あれ?1人なんだ?」

「はい、サラは起きていますが、ほかの2人はまだ寝ているかと」

「サラは?」

「向こうで朝ごはんの支度をしておりますので、お迎えに来たのです」

ん?僕も向こうでご飯を食べろと?それは・・・

「こっちで食べたいな」

「そうですか、ならばできた料理を私が持ってきましょう」

んん?話が噛み合わないな。

「んと、僕はこっちで、こっちのご飯を食べたいから、メアはあっちに先に行っていて。食べたら行くから」

「・・・・分かりました。では後ほど」

メアは少し寂しそうに部屋を出ていった。

「・・・なんか悪いことしちゃった…かな?」

後でフォローしておかなければな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「うわーやっぱり酒臭いなー」

おばさんのもはや神の奇跡としかいいようがない絶品朝食を食べ終えた僕は、昨日の魔法の痕が何か問題になってしまっていないか確認しにギルドに来ていた。

「クエストボードはっと。あそこか」

何気に、クエストボードを見るのは初めてだった。

「・・・見なきゃ良かったわ。」

そこには大きな赤い紙が貼ってあり、こう書いてあった。

~~~~緊急~~~~~~~~~~~~~
ズノワ大森林に突如発生した謎の痕の調査。
ーーーーーーーー
参加条件:無し
依頼:ギルド スラグディア支部
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まぁそうなるよねー…

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く