ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

この世界の魔法って?

「っ!!危ないっ!!」

レインはその声で我に返り、後ろから振り下ろされたゴブリンの木槌を勘に従って横に飛び避けた。

「ぎゃ!?」

完全に捉えたと思っていたのか、ゴブリンは頓狂な声を上げ前のめりにたたらを踏んだ。

そこへレインはゲーム時代で習得していた、【極斬・突ノ型】を、いつの間にか手に握られていた真紅の刀身の刀で打ち込んだ。レインの知っているゴブリンなら通常攻撃でも数撃で倒せた、それに先程のゴブリンの攻撃速度を見れば、敵の実力など【技】を使わくとも簡単に倒すことが出来ると分かる。しかし、この世界ではどうなっているのか分からないので、一撃で仕留めることにしたのだ。

「うおっ!?」

例えば鋭利な包丁で一枚の薄紙を切るような、いや、何もない空中で振るような、そんな感覚だった。

「びっくりしたー なにこれ、切った感覚ないんですけど」

ゴブリン達は仲間があっけなく死んでいったのを気に止める様子もなく、狂ったように突っ込んできた。

「【極斬・居合ノ型】」

ただ僕はそれを切る。

「【零・斬】」

切る。

「【極斬・狂ノ型】」
「【空斬・裏ノ型】」
「【鬼斬・三ノ型】」
「【破斬・二ノ型】」
「【裂斬・一ノ型】」
「【烈斬・技】」
「【無斬・剛】」
「【一心斬】」
「【武斬】」

切る。時には何匹も一緒くたに。

「・・・【炎斬】【冷斬】【水斬】【樹斬】【地斬】【雷斬】【夜斬】【輝斬】」

EOWの斬系の【技】の中でも最下位に位置する属性斬系でも一撃で倒すことが出来た。

「・・・」

遂には飽き、ただ切る・・だけになっていた。

「EOWでのゴブリンってもっと強くなかったっけ?」

物理はこれくらいにして、今度は魔法だ。まぁ、切る・・だけでこんなものなら魔法など考えたくもないが。一応試しておかないと何があるかわからない。

「【黒炎】・・・ええぇー、マジかよ」

魔法を発動した瞬間、僕の手のひらに小さな魔法陣が発生し、突然目の前にいた数十匹のゴブリンが一瞬だけ真っ黒な炎によって燃え上がった。・・・痕には、炭化した地面が残るだけだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「はぁ、初期の魔法でこれかよ・・・」

先程発動した【黒炎】は、EOWでは初期の段階で習得出来る魔法である。と言うか、イベントで強制的に習得させられる魔法だ。威力は中盤まで使える程だが、魔力消費効率が悪かったので使う人はほぼいなかった。
それにしても、ゲームでは対個の魔法だったのにさっきのは範囲攻撃のようになっていた。・・・ もしかしたらほかの魔法も広域化とかしてるのかな?・・・ちょっと試してみるか。

「んー、何がいいかな」

「あ、あのー」

半分忘れかけていた少女のがおずおずと話掛けてくる。

「ん?なに?」

「あ、いやっ。えっとぉ・・・なんでもありません」

ふむ、なんでこんなにオドオドしているのか?僕が製作者だから?まぁいいや、取り敢えず魔法を試そうか。僕は何となくで魔法を決めた。

「闇属性魔法・・・【混沌生成カオス・クリエイト】!!」





戦闘中にいきなり三人称になったんですが、変だったら変えます。ネーミングのセンスの無さはご愛嬌。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く