ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

サポートキャラクター

僕は、フィールドに来ていた。スキルと魔法を試して見るため、そのついでにDランクに上がるためだ。一応何があるかわからないので、武器と防具も装備している。(見た目は変わらないが)

EOWでの装備は、職業によって装備できる武具が変わってくる。それで僕は自分が今なんの職業なのかを確かめようとしたのだが、何故か分からなかった(ステータスにも書いていなかった)。多分ゲームでの職と同じなんだろうと色々装備して確かめようと思い試していると、驚くことにすべての武具が装備できるのである。なので僕は用心も兼ね、最高ランクの武具を装備している。

「探すか」

Dランクの指定モンスターはゴブリン3体。さっきついでに調べてきたが、ゴブリンは普通3~多くて10体程で行動しているらしい。

僕は日本では見た事の無かった広大な草原の景色を眺めながら歩き出した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「居なすぎじゃね?」

歩き出してからずっと休まずに探し続けているのだが、ゴブリンはおろかなんのモンスターにも合わないのである。そろそろ日も落ちてきて、日が暮れている。

「しょうがない明日また探そうかな。あの森もまだ行ってないし」

この辺りにはズノワ大森林という広大な森があるらしく、数多のモンスターが生息しているらしい。というか僕は今その森が見えるところまで来ている。

まぁいいかと思い踵を返そうとすると、森の中から何やら子供が慌てて出てきた。顔は見えないが、女の子だろう。
なんでこんなところに? この辺りには人の村なんてないし・・・なんか見た事あるような服を着ているな?などと考えていると、その子の後ろの森からなんとお目当てのゴブリンがたくさん出てきた。

「あ?!ゴブリンじゃん!!めっちゃゴブリンじゃん!!マジかEOWと同じだな!!」

出てきたゴブリンは、少々の個体差はあるがEOWのものとほぼ同じ容姿だった。

「あーなんかテンション上がってきた!! ・・・・・・ん? てゆうか何体出てくんの?え、ええ?!」

なんと出てきたゴブリンは10体や20体どころではなく、少なくとも70、もしかすると100体ほどいるのではないかという程だった。・・・はっきり言って気持ち悪い。

「ていうかあの女の子、放っておいたらまずいだろ」

流石に無視もできないので、急いで少女のところに向かう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「・・・えっ!!!貴方様は!!本当にっ!?えっ!ええぇ!!?」

なんだかものすごくびっくりしてるな。まぁそれもそうか、街から結構離れたこんな場所で助けが来るなど考えていなかったのだろう。・・・いやそれにしても驚きすぎではないか? 未だに、ええ!?ええ!?とか言っている。
こっちは何十体もいるゴブリンと対峙しているというのに騒がれては迷惑なので、ちょっと黙ってもらおうとその子を改めてしっかりと見据える。そしてやっと気がついた。

「あれ??お前!!」

その女の子とは、僕がEOWで作成したサポーキャラクターであった。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く