話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

ギルドでの調べ物

「あら、おはよう。起きたのね。」

元気におばさんが挨拶をしてくる

「おはようございます」

「朝ごはんはできてるから、そこに座って待っててね」

「分かりました」

朝からおばさんの美味しい料理を食べれるとなると、昨晩悩んでいたこともどうでもよくなってきそうである。まぁ、そんなわけには行かないが。

そんなことを考えていると、すぐに朝食が運ばれてきた。

「はい。召し上がれ」

「いただきます・・・うん。美味い」

どうやったらこんなに美味しい料理が作れるのだろうか。

「ありがとうねぇ。あ、それと今日って昼間はどこか出かけるの?」

「出かけますけど、なんでです?」

「今日は月に一度の大掃除があるのよ。それで、その時泊まっているお客さんには昼間だけ開けてもらうの」

「そうだったんですか。僕は今日色々とやることがあるので大丈夫ですね」

「そうなの、なら良かった。日が落ちる頃には終わってると思うから、宜しくね」

「了解です」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝ごはんを食べ終わり、簡単な身支度をした僕はギルドに来ていた。主な理由としては、この世界の冒険者達の標準的な強さを調べるためである。

僕は、ギルドの隅の本棚にある【冒険者の始め方】という本を手に取って適当な席についた。勿論、酒臭いので本当の端っこの席に座った。

「えーっと、ステータスについての項目はっと」

〜ステータスの説明〜~~〜~~〜~〜~〜
ステータスは、「ステータス」と念じると自身にだけ見えるようになり、「ステータスオープン」と言うと誰でも見えるようになる。他人には安易に見せないようにしよう!

【物理攻撃力】物理与ダメージに影響する。武器などによって上昇させることも出来る。

【魔法攻撃力】魔法与ダメージに影響する。武器などによって上昇させることも出来る。

【物理防御力】物理攻撃への耐性。防具などによって上昇させることも出来る。

【魔法防御力】魔法攻撃への耐性。防具などによって上昇させることも出来る。

【素早さ】行動した時の速度に影響する。ちなみに素早さが高い=足が速いとはならない。

【体力】持久力、スタミナのようなものである。

【魔力】魔法・スキルを使用する時に消費するもの。無くなると動けなくなり、非常に重要である。

【魔法・スキル】自身が持っている魔法とスキルのリスト。戦況を左右するものが多いので、しっかりと確認しておくと。指定のものを取得すると統合されてそれぞれの性能が強化する。

〜~〜~〜~〜~〜~〜~〜~〜~〜~〜~
    
「・・・ふむ」

体力、魔法・スキル以外はゲームとほぼ同じ内容である。ゲームでの体力は、0になれば死亡状態になるというものであった。それに、スタミナという要素もなかった。

「体力が死亡するまでの数値じゃないとしたら、死亡の条件は単純に肉体が破壊されたらってことかな?」

それも試すべきだなと思い、取り敢えずフィールドに出てみることにした。
補足だが、ステータスの基準の本はなかった。受付のお姉さんに聞いたところ、「ステータスの数値は人それぞれなのでそういった順列を付けてしまいそうなものは存在しません」だそうだ。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く