ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

現状の整理は大切です

こっちの世界に来る前の僕の最後の記憶は、ゲームのガチャで爆死した、ということだ。

「異世界転移の原因がガチャの爆死か」

本当にそれが原因なら、一体どれほどの人が異世界転移をしているのだろうか。仮にそうだとすると、日本でもガチャの廃止とかいろいろな対策がされるだろう。

「ということは、もっと違う理由があるのか」

可能性としては、ガチャで爆死した人からたまたま僕が選ばれた。あとは、異世界転移した人がまぐれで僕だったと。

「・・・分かんねーわ」

僕は、考えないことにした。

わからないことをいつまでも悩んでいても何も変わらないので、別の題に行こう。

「このステータスか」

僕が「ステータスオープン」と言ったら出てきたあの半透明な板である。早速呟き、改めて見てみる。

「魔力の数値は嬉しいからいいとして・・・これってまだ下にスクロールできるのね」

もしやと思い、【魔法・スキル】と書いてあるところを下にスクロールしてみると、まだ続いていた。

「まぁこれは明日ギルドにでも行って調べてみるか」

またまた訳が分からないので、最後の問題について考えよう。

「帰る方法かぁ・・・」

そう、帰る方法である。正直のところ、よほどのことがない限り日本に帰るという考えはあまり無い。朝学校ギリギリに起きて登校し、誰とも喋らずに学校で過ごす。そして1人で下校し、ゲームをし風呂と食事を済ませまた朝までゲーム。

「すごいな、ニートだ」

自分では学校に行ってるからニートではないと思っていたが、これはもうほぼニートだ。

ますます帰る気が失せてきた。

なんだか考えるのが嫌になり、寝ることにした。嫌なことがあれば寝るに限るのである。

「というわけで、おやすみ」

僕はすぐ目を閉じ、寝る体勢に入った。ただ今になって、なぜ自分はこんなにも冷静なのか。それだけが不思議であった。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く