ガチャで爆死したら異世界転移しました

ひやし

異世界転移

これも持論だが、嫌なことがあった時は取り敢えず、寝る。これが一番の対処法だ。起きていては、イライラして周りにきつく当たってしまうかもしれない。それはいけない。

「というわけで、寝よ。」




「そして気がついたらここにいた、と。」
 
回想を終え、僕はただ何をすればいいのかを考えていた。いつの間にか辺りはどこまでも続くよえな草原が広がっており。僕は、そこにぽつんと生えた木に背中を預けている。

「どうしようか。」

目的がなく、何をするでもなく、ただ僕は青い空を見つめていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ぉーい、おーい」

なんだよ人が気持ちよく眠っている時に……
ん?眠ってる?

「!!!」
「きゃ!びっくりしたー。もー、急に飛び上がらないでよ。」

いつの間にか眠ってしまっていたようだ。それに、もう日が沈みかけている。結構の時間眠ってしまっていたのか。

「ねぇリーナ!その人起きたんなら早くいこー!もうお腹ペコペコなんですけどー!」

遠くから目の前の人の仲間らしき人の叫び声が聞こえる。第一異世界人発見。いや、第二も同時発見だ。

「…行かないのか?」
「んー?大丈夫だよー、サリアはいつもああだから。それに、なんでかわかんないけどこんなフィールドのど真ん中で寝ている女の子をほっとけないしね。」

なんだろう、後光で眩しい・・・てゆうか、ん?女の子?

「おい!いつもああだからってなによ!それじゃあたしがいつもお腹が減ってる人みたいじゃない!」
「違うのか?」
「いつもでしょ」

結構距離があるのに聞こえるのか、すごい耳がいいんだな。それにあと2人いるのかな?・・・いやいやそんなことより、女の子!?

僕は立ち上がり、自分の体を確認した。

「女の子、僕が……?」

僕は自分で自分を叩いたりつねったりしたが。

「おいおい、まじかよ…。はは、叩いたら夢が覚めるとか、あれはデマだったんだなそうだそうに違いない、ははははは……」

「えーっとぉ。大丈夫?」

てんs…もとい目の前の女の子が不安そうに言う。

それもそうだ、見ず知らずの人が飛び起きたかと思えばいきなり自分を叩き、小さな声で何かを呟いているのだ。不安にもなるだろう。

「あ、ああ、大丈夫だ。問題無い。」

女の子がまだ少し不安そうに見てくる中、僕は思った・・・

(あぁ、最期まで使わないで無くなっちゃったなぁ)

と。

「ガチャで爆死したら異世界転移しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く