The Little Match Girl 闇の国のアリス【外伝】~孤独な少女の物語~

闇狐

第一話[父との別れ]

1854年6月2日。エリカは4月6日の時点で誕生日を迎えた為、六歳となった。

俄に降り頻る小雨は、全面に緑が生い茂る芝生の敷かれた庭と、そこで小さなレインコートと長靴を履いて水溜まりに足を突っ込み、燥ぎ回って遊ぶエリカを嘸かし潤した事であろう。

「キャッキャッ!」

その何とも可愛らしく愛おしい情景を影からそっと眺める母親は、過去の囚われを忘れ、ニコリと微笑み癒され、最高の一時を過ごした事だろう。

「エリカ、そんなに水溜まりに激しく足を突っ込んだら跳ねた水で全身びしょ濡れになっちゃうわよ」

母親は優しくエリカの頭を撫で、そして諭した。

「はーい!お母さん!」

赤ん坊から苦労して育ててきた一人娘故、それはまた愛情を注ぐ代物であろう。

「エリカ‥‥あの時のお母さんの愚行と過ちをどうか許して‥‥」

庭先のベンチに腰を掛けながら母親はそう呟いた。
彼女の心象にはあの時の白銀に輝くナイフの刃先が映り込み、それは又心苦しいものであった。

「お母さん、そのベンチ濡れてるけど座って大丈夫なの?」

「え?ああ、そうだったわね」

母親はその事に気付くと慌ててベンチから離れ、軒下の雨垂れを避けられる場所へ速やかに避難した。

‥‥それから数時間後のこと、母親が夕食の支度をしている時、その不吉なる存在は彼女達のもとへ訪れた。

トントン‥‥

ノックの音が部屋中に響き渡る。

「はーい、今行きます」

母親は作業の手を止め、直ちに玄関へ向かい、ゆっくりとドアを開けた。

「何でしょうか」

「アキレアさんからお手紙が届いております」

渋い暗緑色のポンチョを羽織った郵便配達員が徐に一通の茶封筒を母親に手渡した。

「お父さんから‥‥一体何かしら」

ドアを閉めた後、母親はダイニングの椅子に腰掛け、外の湿気で湿った茶封筒の封を切った。

「‥‥」

中には一通の便箋が入っており、それも文章自体は比較的短めで、且つ一文字一文字が優雅で達筆だ。

内容は、主に彼女の夫アキレア・ノーランが国家を隣国(敵国)のラシュール帝国の侵略から死守する為に最前線に派兵されるというものであった。

「‥‥お父さん‥‥嘘よ‥‥そんな‥‥」

突発的に起きた思いもしない出来事に対して、エリカの母親は多大なるショックを受け、その場にその用件が記された茶封筒と便箋を落としてしまった。

「お母さん、ご飯まだー?あ、そうだ、お父さんは?まだ帰ってこないの??」

子供部屋のドアの隙間からエリカがひょっこり顔を出してそう母親に問い掛けた。

すると彼女の母親は今にでも泣き出しそうなせぐり上げた表情でエリカの顔を一瞥すると、目を伏せた状態で今にでも途切れてしまいそうな弱々しい声でこう告げた。

「いいですかエリカ。貴女のお父さんは、たった今、長い旅路に出ました。恐らくこの家に帰って来るのは貴女が一人前のお姉さんになる頃でしょう。ですが、決してお父さんの事を忘れてはいけません。貴女を第一に思い、育んで下さったお父さんを決して‥‥」

此処で彼女の母親は声を詰まらせ、彼女の目の前でボロボロと大粒の涙を流し始めた。

小雨がちらつき、暗雲が立ち込める今日の日の事。
エリカはこの日の事を目に焼き付け、決して忘れる事はなかった。

「The Little Match Girl 闇の国のアリス【外伝】~孤独な少女の物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く