The Little Match Girl 闇の国のアリス【外伝】~孤独な少女の物語~

闇狐

プロローグ[望まれぬ子]

これは、彼女が生まれてまだ間もない頃の話。
メルスケルクの街が夕闇のカーテンに閉ざされる中、とある一軒の家屋では、母親の阿鼻叫喚が部屋中に轟々と響き渡っていた。

「神は貴女の様な存在など望んじゃいなかった。‥‥貴女さえ居なければ、私の人生はこんな苦痛を伴うものではなかった。もう貴女の泣き声何か聞きたくない‥‥。こっちはもう、頭がおかしくなりそうなのよ‥‥!!」

母親は顔を曇らせながらベビーベッド越しから離らると、キッチンの方へ向かい、徐にナイフスタンドから一本の果物ナイフを抜き取り、再びベビーベッドの方へゆっくりと歩き始めた。

「頼むから‥‥私の為にも死んで頂戴‥‥!」

ベビーベッドの中で赤ん坊がすやすやと眠りに就いている中、母親は疲弊困憊な表情を浮かべながらナイフを振り翳す。

ガチャッ

その時であった。母親が苦痛の表情を浮かべながらナイフを赤ん坊に向けて振り翳した時、彼女の家の玄関のドアがゆっくりと鈍い音を立てながら開いた。 

「母さん、エリカ、お父さん今帰ったぞ!‥‥!!おい何やってんだ御前!?」

父親の帰宅。然しながらその光景は何とも異様なもので、父親は母親の愚行を目の当たりにすると目を皿にして慌てて母親の元へ駆け寄り母親の手からナイフを叩き落とし、暴れる母親を羽交い締めにした。

「は、離してよ!もう私はこんな人生は嫌なのよ!!この子を殺したら私も死ぬ!だから、だから離してっ!!」

「何言ってんだ!!落ち着け!何処で血迷ったんだ!!」

「離してよ!!離して‥‥!お願いだから‥‥離して‥‥」

全身から力が抜けてするすると崩れ落ちる母親。
床に膝を突くと、その場で塞ぎ込み、大粒の涙を流しながら泣き崩れてしまった。

「もう私は‥‥限界なのよ‥‥」

「母さん‥‥」

父親は悲哀の表情を浮かべると、虚ろ気に佇む母親の肩を抱き寄せた。

「母さん‥‥俺が悪かった‥‥。傭兵に志願した俺が悪かったんだ‥‥。もっと母さんの側にいてやれれば‥‥」

咽び泣く母親。それを哀れみ、自らの行為を悔やむ父親。
悲愴的でシニカルな重苦しい空気が彼等を包み込んだ。

「The Little Match Girl 闇の国のアリス【外伝】~孤独な少女の物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く