The Little Match Girl 闇の国のアリス【外伝】~孤独な少女の物語~

闇狐

キャラ紹介

【マッチ売りの少女(エリカ・ノーラン)】

・今作の主人公

・生年月日 : 1848年4月6日

・スピルス国・メルスケルク(街)出身

・メルスケルク中央通りにてマッチを売り続ける少女(尚マッチは人様の家から盗み取ったものの模様)

・ホームレス

・元々は三人家族だったが、ある時、両親が買い物に出掛けたっきり帰って来ず、そのまま蒸発。

・13歳

・孤児

・マッチは一箱55※ピソカと比較的安め
※1ピソカ=1円

・いつもお腹を空かせ、メルスケルク中央通りの中にあるパン屋で本来は廃棄処分される予定の※『食パンの耳』を頂いて飢えを凌いでる
※一袋26ピソカ

・エリカ(花名)の花言葉は『孤独』。
その他にも『博愛』・『希望』等沢山有ります。

【アキレア・ノーラン】

・エリカの実父

・40歳

・メルスケルク出身

・温厚な性格

・スピルス国の傭兵

・アキレアの花言葉→真心・勇敢・『戦い』・忠実

・1861年8月27日戦死

【オダマキ・ノーラン】

・エリカの実母

・37歳

・メルスケルク出身

・冷酷な性格(裏表ある性格)

・専業主婦

・オダマキの花言葉→愚劣・戯け・『あの人が気がかり』

・1861年8月28日海岸の崖にて転落死(自殺)

※キャラクター・その他設定は随時追加予定

「The Little Match Girl 闇の国のアリス【外伝】~孤独な少女の物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く