異世界でスペックをフル活用してみます!とりあえずお医者さん始めました!

ぴよ凛子

リア

「そう言えば話は戻るが君の名前をまだ聞いて無かったな」
「聞くも何も真名?が言えないのなら私の名前は他にはないわ」
「ふーーむ、それもそうか……なにかこれがいいって言うのがあるならそれでいいぞ」
「そんなこと言われても……」
しばらく悩むがなにも思いつきそうにない。
「そうだわ、だったらシグレが付けてちょうだい」
「僕がか??」
「えぇ!いい案だわ!私があなたの名前を付けたのだからあなたも私に付けるべきよ!」
「…なんだいその理屈は…」
彼はやれやれと言ったような顔をした。
「………名前か、うーーん」
「なんだかワクワクするわね」
「君の期待に応えるためにもいい名を付けなきゃならんな」
そう言ってシグレはしばらく悩んだあとに
「………君は明るくていろんな人に幸せを分けてあげられる人だと僕は君と接した中で感じた。だから君の名前は"リア"とかどうだ?」
「リア?それが私の名前?素敵ね!」
「Euphoria(幸福)の語尾を取ってみたんだが、気に入ってくれてよかった」
「とっても嬉しいわ!ありがとう、シグレ」
「僕の名前も君がつけたんだ、お互い様さ」
「確かにそうね」
こうして名付けの儀式は終了したのであった。(作者が勝手に決めた儀式です)

「異世界でスペックをフル活用してみます!とりあえずお医者さん始めました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く