話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界は現実だ!

竹華 彗美

意見で僕の過去の話なのだ!

 第六章
 第139話、意見で僕の過去の話なのだ!


 ミーナさんの話を聞き、しばらくの沈黙が続いた後ダニー兄さんが口を開いた。

「ミーナさん、よくそんな事話してくれたな。そんな話、俺だったら絶対話せねー。
それを俺たちを信じて話してくれたんだ。何もいうことはない。そのクソ男が現れてミーナさんを奪おうとして俺たちに危険が及ぶ?大丈夫さ。その時はその長年苦しめ続けているクソ野郎、叩き潰してそれ序でにメイドさんも助けてやりゃーいい。そんなに難しいことじゃない。が、話してくれてありがとな。ミーナさん!俺は別に問題ない。みんなはどうだ?」
「ミーナさん、そのような人には言いたくない話、私たちを気遣って話してくれてありがとうございます。人には一つや二つ、自分の中に留めておきたい秘密というのがあると思うんです。それは信頼する者にも言えない程の秘密。でもそれをあなたは言ってくれた。とても強い心だと思います。そしてそれは私たちを非常に信頼してくれて危険を知らせてくれた。私もミーナさんの正式加入を改めて賛成します。ただその男とやらが来たら懲らしめるという条件付きで。大丈夫。なんせ、このギルドマスター様は強魔族をも倒してしまう方なんだから!その男も懲らしめてくれるでしょう。」

 なんかストジネートくんに必要以上にハードル上げられた気が……。 

「ミーナさん!話してくれてありがとう!今更そんなこと、私は大丈夫です。私はメンメル帝国で特秘隊だった身。そのようなこと何度も何度もぶつかってきました。大丈夫ですよ。もうあきらさんの所に派遣された時から危険は承知。だって強魔族いや、魔王にも狙われている存在のギルドメンバーに入るんですもの。そんな男、私の大切な仲間に手を出してきたら叩きのめしてやります!だから私は大丈夫です。ミーナさんには是非正式に加入してもらいたいと思います!」

 魔王に狙われている、のは本当に申し訳ないと思っています。

「ミーナさん、そのようなことを僕たちに話してくれてありがとうございます。僕もそういう時がありました。僕の場合は父親と友達からいじめられていました。父親は僕のことを毎日のように殴り、蹴り。友達には犬のように靴や床を舐めさせられたり。そのようなことがあり、僕はそういうことが耐えられなく家を出ました。だからミーナさんの気持ちというか屈辱感というか……よく分かります。僕の場合は追われている、という状況ではないのでその点については……でも辛いですよね。ーだからこそ僕はミーナさんには僕のギルドに入って頂きたい!ギルド"シャイン"。ここには苦しむ人を助ける、希望を振りまくという意味が込められています!だからミーナさんにもここにいれば希望を持てる、大丈夫という気持ちを持って欲しいのです!その男がミーナさんを襲ってきたらここにいる全員で跳ね返します!困ったことがあれば全員で立ち向かえばいいんです!ーそれがこのギルド!"シャイン"なんですから!そして僕は今のミーナさんの話を受けてギルドマスターとしてギルドの加入を熱くお願いしたい!どうでしょうか?」

 僕がそういうと、ミーナさんは心を決めたように顔をこちらに向け笑顔で言った。

「こちらこそ……迷惑をかけると思いますが、よろしく……お願いしますっ!!!」

「ヤッター!!!!!!」

ミーナさんの返答が返り一番最初に大きな声で喜びの声を上げたのはカルナだった。その言葉に続きストジネートさんやクルルさんも歓声を上げ、カルナさんは嬉し泣きをするミーナさんに飛びつく。明るい雰囲気に包まれ僕もなんとなく心が落ち着く。

「あきらのそんな話、俺でも聞いたことなかったけどな?」
「もう隠す必要もないしね。」
「そうだな。」

 遠くからダニー兄さんは優しい声で呟いた。

「異世界は現実だ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く