異世界は現実だ!

竹華 彗美

修行終了で出発なのだ!

 第五章
 第96話、修行終了で出発なのだ!


 その後も稽古場、モンスター討伐などをして修行を行う。時にはガガさんとの実践訓練を兵士たちに見せたり、カルナさんとの公式戦を怪我しない程度にしたり、精鋭兵の寮の稽古場で先生になったりしながら一週間を迎え今日、トミル王国へ向かうことになった。今は大体朝の八時ぐらい。出発はお昼十二時だ。
 朝食を食べ、さっと風呂に入る。そのあとは自室で出発の時を待つ。昨日、作戦の確認会が開かれ詳細が言い渡された。
 まず今日は昼に帝都を出発後、日付が変わる頃までにはニアーの街に到着する。そして次の日のお昼トミル王国タダンダルへ向け出発。その日の夜には到着する。そのあとは現地でまた確認。今回メンメル帝国から出る討伐軍は総勢七百人。ガガさん他大将を筆頭に少将までの人員を全員と第五軍までの軍隊長それに所属する全兵士を投入。それから特秘隊もほぼ参加。もちろんストジネートさん、クルルさんも参加する。それから回復部隊。そしてカルナと僕も含まれるメンメル帝国に所在を置く希望した冒険者である。その数が一斉にトミルへ向かうのだから帝都ではかなりの盛り上がりを見せていた。それまであと四時間。最後にこの一週間で上がった僕のステータスを確認する。
 全体レベルは1上がり16に、剣士が2上がり8。教師が3上がりレベル4。結界師がレベル7。猟師がレベル11から13に。探索者が2上がり3に、郵便配達員がレベル3に、助け人という職業も増えた。ステ振りは魔力に2入れ体力に1入れる。称号は"親探し 聴力、視力アップ""シャープボアマスター シャープボアを10体召喚自由"そこそこ結界師 結界の強度中のアップ""再戦 全能力中アップ""ヘルパー すばやさアップ"の以上五つである。
 それなりにいい修行ではなかったかと思っているが、これがどのくらい通用するかだ。出発二時間前になるとガガさん、ストジネートさん、クルルさん、トナップさん(この人はガガさんと同じくメンメルの大将で最強の守護者と言われる人です。年は四十位。かなり筋肉質でむさ苦しいたらありゃしない人。)、クレオさん(この方はもう一歩で大将というところまで来ている中将。とても紳士的で最強の剣士といわれ、街を歩くだけで女性たちが次々と倒れていくらしいです。イケメンだし、優しいとは。ある意味最強。今回の総指揮官。)、アバットさん、カルナさんの順に挨拶された。カルナさんは一緒に出発することになった。僕はゲートがあるので一人で行ってしまえばいいという声もあったが、僕自身知らない人ばかりなので少しでも一緒にいく人たちと交流したいということから自分も歩くことにした。
 そして出発の時間。クレオさんの宣誓が響く。

「皆の者!よく集まってくれた。今日ここに集まってくれた諸君はトミルを脅かす魔族を打ち倒すものだ!自信を持ち誇りを持て!絶対に勝ちに行くぞ!みんな頼む!それでは出発!!」

 オー!!!!!!!

 歓声とともに力強い声が帝国中に響きわたる。王も出てきて拍手する。

 勝負だ!強魔族!!



「ねえ〜!まだ来ないのー?ん?なになに!今出発した?じゃああともう少しで会えるんだ!アノコに!楽しみだなー!せいぜい楽しませてくれよな〜!楽しくなかったら全員私の人形にしてやるぞ!」

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品