異世界は現実だ!

竹華 彗美

フルカス戦④で死なのだ!

 第3章
 第63話、フルカス戦④で死なのだ!


 僕は右足が斬られ背中にも大きな傷があるうつ伏せ状態で倒れるバリルさんに必死に呼びかける。

「バリルさん!大丈夫ですか!?返事をしてください!なにか合図してください!お願いします!」

 でもバリルさんの体は動かない。傷口からは血が流れ出ている。何度も何度も呼びかける。僕の声に反応してカルナさんも駆けつける。そしてアドメラさんも治癒魔法をかけた。ーしかしもう手遅れだった。心臓の付近に手を当てるともうすでに動いていなかった。

「アアアアアアアアアッッ!!!!!!!!!!」

 僕は悲しい、いや悔しいの方が強い。自分の無力さ、バリルさんへの申し訳なさ。そしてあらゆる悔しさから生まれたフルカスへの敵対心の高まり、そして復讐の気持ちが溢れ叫んだ。
 そして僕が大きな声で叫んでいる最中、他のみんなも悲しみ叫ぶ者もいた。後ろからはケラケラと笑うフルカスが立っていた。

「おお!狙い通り、一人死んだの!これでも結界で防がれたらどうしようかと思ったんだがの〜!よかったよかった。当たってくれてましてや死んでくれて。」

 その言葉を聞いて僕の頭には血が上った。怒りで前が歪むくらいだ。そして僕は"サンダーソードを発動させる。カルナさんが何か言った気がしたが僕はそんなこと気にせずフルカスに剣を振っていた。

「ガキィン!!!」

 凄まじい甲高い音が鳴り響く。僕のサンダーソードとフルカスの槍がものすごい威力で当たったのだ。

「おお!怖いのぅ!今のは槍で防いでなかったらわしが死んでたかものぅ。人間など虫けら以下だと思っておったがお前さんだけは小動物ということにしてやろう!それにしても人間というのはお前のようなやつでも虫けらが死んだだけでそんなにムキになるものなんじゃな?勉強になるわ!」
「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す!!!」

 僕はフルカスの声など聞こえていなかった。ずっと頭の中には"殺"の文字しか出てこなかった。本当に短い間だけだ。会ってから1日も立っていない仲だ。でも仲間を殺されるなど正気でいれるはずがない!本気にならないはずがない!!!!

 僕は剣を振り続けていた。それをフルカスは槍で受ける。その度に甲高い金属音のような音が鳴る。僕は周りなど見ていない、フルカスへの怒りだけで剣を振っていた。カルナさんやアドメラさんメリダルさんが何をしているかなんて御構い無しだった。

「ガキィン!ガキィン!!ガキィン!!!……」


「カルナさん、僕らはどうすれば?」
「ふぇ……?……」

 カルナさんはあきらが戦っているなか、立ち尽くしていた。立ち尽くしていた理由はバリルさんが死んでしまったショック、そして統制ができていない今のリーダーとしての自分の無力さ、そして死への恐怖。冒険者ならば覚悟してきたことだった。一緒にパーティーになった仲間が死んだことなど何度もあった。死の恐怖など今さらだと思った。なのに体が動かなかった。怖かった。カルナさんはこの時、"ある戦い"と今を重ねていた。その戦いはカルナさんにとって最悪の戦いだった。それは後に語るとしよう。
 その状況を見かねたアドメラさんがカルナさんに声をかける。カルナさんは間抜けな声で返事をした。


コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品