女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

248話 蘇る悪夢(スパルタ)




女子達のはしは、止まることを知らない。けど、ちゃんと大事そうに噛みしめているし、美味しいと言われて悪い気はしない。

蒼龍「おはよー。って、どうしたんだみんな?いつもならご飯なんかとっくに食い終わってる時間なのに。」

佳穂「おはよ。今日は大和が作ったのよ。」

蒼龍「あぁ、どうりで。大和お前、料理なんか出来たのか。」

大和「うん、人並みには。というか、母さんが昔、俺に料理の知識を叩き込んだんだろうが。」

佳穂「そうだったかしら?」

大和「忘れたとは言わせんぞ。帰ってくるなりスパルタで教えやがって。理子の料理が絶望的ぜつぼうてきだからって、俺が主夫しゅふになる前提で話進めてたよな。」

理子「・・・そうなんですか?」ピタッ 

さっきまで止まることを知らなかった理子の箸が、ピタリと止まった。

佳穂「・・・あ、アハハ・・・。幼稚園くらいの時、皆でクッキー作ったの、覚えてる?その時に、ちょっとね・・・。」

大和「あぁ、チョコも何も入れてないはずなのに、1人だけ真っ黒になったアレか。どうやったらあぁなんだよ?」

理子「昔のことを掘り返すな!もう、クッキーくらい普通に作れるもんね!」

大和「去年の調理実習で、ポテトサラダか何かを、この世のものと思えないような感じにしたことを、まさか忘れたわけではあるまいな。」

理子「あ、あれは入れたものが悪かっただけで・・・私がやらかしたわけじゃないもん!それに、あの時は聖菜ちゃんも悪ノリしてたし!」

大和「そうだな、だけど自分の非も認めような?あれはどっちも悪い。」

理子「うぐぐ・・・大和がいつになく厳しい・・・。」

佳穂「未来のお嫁さんになる子が、これじゃあね・・・私の授業、受けてみる?」

理子「独学で頑張るんで・・・」

佳穂「遠慮はいらないわよ?私が、やさーしく、やさーしく教えてあげるから。」

大和「口ではこう言ってるけど、めっちゃスパルタな上、母さんは料理のことになると人が変わるからなぁ・・・。」

佳穂「ちょっと大和」

蒼龍「佳穂は、調理師免許も持ってるしな。厳しくなるのも無理はないだろう。でも、無料でレッスンが受けられるんだし、理子ちゃん試しに受けてみたらどうだ?」

理子「あ、いえ、勉強もあるので・・・」

それからというもの、理子は終始、笑顔がひきつっていた。まぁ、理子は母さんのスパルタ授業を俺からよく聞いていたし、逃げたくなるのも無理ないわな。

結局、お料理教室(超絶ハードモード)はお預けとなった。・・・俺的には1度、理子の美味しい手料理とか、食べてみたいもんだ。美味しい、な。

・・・まぁ、あと何年後になるかわからんけどな。いや、何十年後か?まぁいいや。

理子「ちなみに、テストの方は大丈夫なの?」

大和「安心しろ、ノー勉さ!」グッ

理子「さすが大和!なんて言ってる場合か!学校行ったら勉強するよ!いいね!?」

大和「うっす。」

なんで抜き打ちでテストなんてするんだろうか。やる意味なくね?はぁ・・・。


☆コメント返信のコーナー☆


・てぃーあさん
「料理かぁ…
作るのは良いけれど後片付けが面倒なんだよなぁ…(´・ω・`)」

→そうなんですよねぇ・・・。お菓子とか、作りたいんですけどね、中々・・・。

大和「・・・小っ恥ずかしいんだが、相手のことを思って作ると、めんどくさくなくなるぞ。人間って、そういうもんだから。」

作ってあげる人なんて居ねぇんだよ。ぶち転がすぞ。

大和「ひでぇ」


・アニメ好き不登校さん
「ジェリー...オn((殴」

→ジェリー「ち、ちがいますよ?あれは、えーと、その・・・うぅ。」

大和「・・・なんかごめん。」

ジェリー「あんな、ごしゅじんさまでつつまれたくうかんがあったら、だれだってあぁします。」

大和「ぶっちゃけ過ぎ」


・颯★改さん
「皆現金だなぁ・・・」

→理子「大和の為なら、どこまでも!」

聖菜「地の果てだろうが、天国だろうが!」

雫「どこまでも追いかけますよ!」

3人「「「だから、大和のためにあれを買ったんです。そう、大和のため・・・。」」」

大和「・・・俺がなんだって?てか、何を買ったって?」

3人「「「なんでもナッシング」」」

えーと、現金な奴って言いたいのか、キャッシュレスじゃないと言いたいのか、どっちか分からなかったため、とりあえず大和が好きだから買ったということをアピールしてみました。

今までの商品も、大和に止めさえされなければ、全部買ってたんじゃないですかね。


・澪燈さん
「原価ゼロ円だったから儲かった儲かったげっへっへ

…きっと元犬だから性欲が強いんだろう、うん
ベッドにも変なシミなんてなかったであろう、うん
まぁそんなジェリーとコメ欄の愛菜が可愛いから4本サービスしてあげる」

→ジェリー「・・・そういうことにしておいてください。めいよのためにも・・・。でも、4ほんおまけしてもらえたから、おーけーです!」

愛菜「・・・偉大な人は言いました。可愛いは正義と。くふふ・・・」ワクワク

大和「お、おう。なんていうポジティブ思考。愛菜に関しては、なんかキャラ変わってない?」

愛菜「・・・変わってない。私はずっと私。あなたの半身。生まれた時からそう決まっているの。」

大和「やっぱいつもと違うって!頼むから戻ってー!」


・黄昏ノームさん
「大和、料理作れたのか。
他の娘達より女子力高かったりして・・・イエナンデモナイデス。(うぅ〜怖い怖い、女は怒らせるもんじゃねぇ)」

→理子「料理なんか作れなくても・・・掃除が出来なくても・・・可愛いなら大丈夫でしょ!」

大和「なわけあるか。少しくらいは家庭的になって欲しいもんだぜ・・・。」

雫「私、お抹茶なら作れますよ?」

大和「料理は?」

雫「・・・お手伝いさんがやってくれているので、からっきしダメです☆」

奈緒「私はお料理つくれるのです!たまに作ってるので!」

大和「おー、偉いなぁ。2人も奈緒を見習えよ。」

理子「やろうと思えばできるけど、ダークマターが出来上がるよ?」

雫「味噌汁くらいならなんとか・・・。味噌入れ忘れるときありますけど。」

大和「だめだこりゃ」



えっとですね、今日は土曜日なので、普通に投稿出来ましたわ。間違ってしまい、申し訳ございません。次の投稿ですね、遅くなるのは。テスト頑張ります。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 澪燈

    んー…今度ラタトゥイユでも作ろうかな、夏野菜の
    パスタにかけて食べよーっと
    みんなも食う?笑

    1
  • てぃーあ

    なるほどチキン(大和)を手に入れる(ものにする)ためには料理する技術が欲しいのか

    1
  • 颯★改

    俺の包丁が光って唸る!肉じゃが作れと輝き叫ぶ!必殺!お料理フィンガー!!!
    とかやってくれないかな?
    ハチマキとか手袋して。
    きっとかっこいいよ大和君!

    1
  • 黄昏ノーム

    可愛いは正義ってか?
    あーうーん?うんうん、可愛い可愛いよー(棒)
    料理出来なくても良いけど、女子力低かったら何時までも大和(チキン)を手に入れられ無いよ?

    1
コメントを書く