女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

222話 甘々な恋(+無自覚+ド忘れ)




ピッ。俺は通話を切った。

大和「いやぁ、いいものが聞けましたな理子さんよ。」

理子「全くですな、大和さん。どこかの7股野郎も、こんな感じでストレートに言ってくれればなぁ・・・。」

大和「は、はは・・・だ、誰だろうね?そいつは。気持ちはまっすぐ伝えるのが1番だぜ。」

理子「無自覚でござるか?」

大和「ただの逃げで候。」

理子「よし許さん。ぶっ飛ばしてくれるわ!」

大和「あ、もうそろそろ降りる時間だから、今度はやめようか。」

理子「ちぇ。せっかくの貴重な2人きりが・・・。」

大和「まぁまぁ。今回はあくまであいつらメインだから。」

俺と理子は出て、2人を待った。すると、

月兎「えっと、その・・・た、楽しかったね。」

結夏「え、あ、う、うん。そそそうだね・・・。」

とってもぎこちない2人が出てきた。なんか悪化してない?気のせい?

大和「大丈夫か?お前ら。」

月兎「大丈夫に見える?」

大和「いんや。全くもって見えない。」

理子「結夏ちゃん?」

結夏「あうあう・・・月兎くんと・・・あうあう・・・。」

悪化してるね、これは。

俺は月兎を引き寄せ、月兎にのみ聞こえるボリュームで話しかけた。

ちなみに、理子も結夏さんに同じことをしている。

大和「なかなか男らしかったぞ、月兎。」ヒソヒソ

月兎「うっさいよ。あのね大和、僕がどれだけ緊張きんちょうしたか分かってる?あのやり方はひどいでしょ。」ヒソヒソ

大和「まぁまぁいいじゃねぇか。結果オーライってことで。」ヒソヒソ

月兎「オーライもなにも付き合ってないんだけど?」 ヒソヒソ

大和「でも付き合う1歩手前まで来てんだろ。良かったな、月兎。」ヒソヒソ

月兎「・・・まぁ、うん。大和には感謝してるよ。ありがとね。」ヒソヒソ

大和「あぁ。遠慮せずに、いつでも頼ってくれよ。大事な親友だからな。」ヒソヒソ

月兎「嬉しい事言ってくれるね。そうするよ。」ヒソヒソ

結夏「ねぇ、2人で何話してるの?」

大和「なにも。それより、そろそろ帰る時間だぞ?」

今の時刻は午後5時45分。帰るには、いい感じの時間帯だった。

月兎「ん、ほんとだ。じゃあ帰ろっか。」

理子「うん。月兎くんは、ちゃんと結夏ちゃんをエスコートしてあげなよ?」

結夏「ちょっ!?」

月兎「はは、分かってるよ。」

結夏「月兎くんまで・・・。」

大和「まぁ、いいんじゃないかな?」

理子「あとは2人でイチャついてもらって、どうぞ。」

月兎&結夏「「だーかーらー!まだそういう関係じゃないってば!!」」

月兎&結夏「「あっ・・・。」」

大和「何を見せられてるんですかね、俺たちは。」

理子「さぁ?」

そんな感じで、月兎の大事な一日が終わりを告げた。この日は月兎にとって、きっと大きな1歩となったであろう。

俺はこれからも、こいつを陰から支えよう。こいつは、俺の親友だからな。





大雅「ねぇ俺は?俺は?」

大和「あ、すまん。」

訂正、「こいつ『ら』」だ。

大雅「雑スギィ・・・。」


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・颯★改さん
「うァァァァァあ!!!
甘い!酸っぱい!
俺もこんな青春送りたい!
あれ?しょっぱい?
あぁ、涙と鼻水だこれ。
・・・無理なんだろうなぁ、シクシク」

→諦めないでください。きっとなんとかなりますよ。(なお、作者は既に諦めている模様)

大和「泣くな、男だろう?」

理子「大和が言うと、多分ウザくなるだけだよ?」

大和「なんと」


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • アニメ好き不登校

    久しぶりにコメントしたいけど特に言うことはないから一言...体力テストだるい。以上!

    1
  • 澪燈

    大雅「雑スギィ…」
    日頃の行いだよ、うん。
    …そうすると大和はもっと雑に扱われないといけないから
    今後大和の発言は全てあで遮られるってことにしよう
    ね?七股大和君?

    2
コメントを書く