女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

206話 口悪奈緒とささやかなそれ




奈緒「えっと、その・・・大和先輩・・・。」

大和「ん?どうした?」

俺と奈緒は、近場の公園で休んでいた。その時、奈緒が不意に話しかけてきた。

奈緒「まずは、ありがとうございます、なのです。私を助けていただき・・・。」

大和「あぁ、いえいえ。アイツらには、ちょっとばかしお灸を据えてもらわなきゃな。」

奈緒「お知り合いで?」

大和「知り合いという程じゃないが・・・まぁ、ちょっとな。」

奈緒「・・・そうですか。本当に、ありがとうございます、なのです。」

大和「お、おう。どうした?いつもの元気がないけど。」

奈緒「それは・・・その・・・」

大和「・・・なんて。今はそんなこと言う時じゃねぇよな、ごめん。怖かったろ?」

奈緒「・・・はい。でも、それよりも・・・。」

大和「ん?」

奈緒「大和先輩、殴られてたのです。」

大和「・・・あぁ、あれは別に」

奈緒「それが、絶対に許せないのです。」ゴゴゴゴゴ

大和「な、奈緒?」

奈緒「大和先輩を殴った罪は重いのです・・・。」ゴゴゴゴゴ

な・・・なにこれ?なんで俺がトリガーになってんの?殴られたっつっても、そこまでじゃ・・・。

大和「あ、あのさ。俺、殴られたって言っても、大してそこまでじゃないか」

奈緒「そういうのは関係ないのです。大和先輩を殴った、その事実がある限り、あのゴミ虫共を許す訳にはいかないのです。」ゴゴゴゴゴ

大和「キャラ変わってるからやめて!?その言葉遣い!!
というかその気持ちは嬉しいけども、絶対に実行するなよ!?」

奈緒「ふり・・・ですか?」

大和「違ぇよ!」

奈緒「・・・仕方ないのです。今回は、大和先輩の顔に免じて、あのゴミm」

大和「だからその言葉遣いをだな」

奈緒「・・・ゴホン。あの5人組を許してやるのです。」

ふぅ・・・何とかなった。実際こいつ、何すっか分かんねぇからなぁ・・・。

奈緒「そのかわり。」

大和「そのかわり?」

奈緒「今日はいっぱい、いーーっぱい遊んでもらうのですよ!」

大和「おう!やっぱり奈緒はそうでなくっちゃな!」

元気な奈緒が一番可愛いと、俺は思っている。

奈緒「てなわけで!」ガシッ

奈緒は俺の腕を、抱え込む形で持ち、こう言った。

奈緒「遊園地にでも行くのです!
イ・チャ・ラ・ブ しながら!」

大和「・・・はいはい。分かりましたよ、ワガママなお嬢様。」

そう返すと、何故か奈緒は顔を真っ赤にして何かをボソボソと呟き始めた。

何だ?と思いよく聞いてみると、こんなことを言っていた。

奈緒「お嬢様・・・お嬢様・・・大和先輩がそういうってことは、大和先輩は執事?執事ってことは、お嬢様にいたり尽くせりで・・・うぇへへへぇ。」ボソボソ

・・・うん、何というか、すごい自己解釈。どうしてそこまで発想が飛ぶ?・・・まぁいいけども。

俺は未だブツブツと呟いてる奈緒と共に遊園地に向かうのであった。

ちなみに、さっきから奈緒がギュウギュウ俺の腕を締め付けるせいで、ささやかではあるけど、柔らかな感触を味わえたのは、今のところ1番のハッピーだ。


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・紅龍/せきりゅう さん
「コメント返信の時の大和が何気いい事言っててキャラ崩壊感あるw

お前はいいこと言うな。絶対に」

→大和「なんで!?俺、いいこと言っちゃダメなの!?」

理子「ダメだよ?大和は、いつもふざけておちゃらけて、ごくたま~~~にいいこと言うのがいいんだから、コメ返でいいこと言っちゃ本末転倒じゃんけ。」

大和「Oh My God…」

聖菜「大和くんも大変だねぇ・・・。」


・てぃーあさん
「殴られて平気とか怪物かよ大和・・・
メンタルどころか身体も丈夫かよ・・・
弄られすぎて体まで強化されたんだなウン
と、言う訳で理子さん含め弄りまくったって下さいねニヤニヤ テノヒラクルン」

→大和「殴られて平気って、俺思いっきり痛がってたじゃん。平気でもなんでもないんですが。・・・あぁでも、理子に散々やられたせいで、つねり耐性はついたかも。」

加奈「いらない耐性だな。」

大和「ほんそれ。」


・颯★改さん
「奈緒の足が震えていたのは怖かったからじゃなく、奈緒の足が超振動ブレードだからだよ。
寝てる間に改ぞ(殴
痛っ!?え?いつからそこに?痛い!
あっ!超振動ブレードはシャレになんないって!助け・・・いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

→奈緒「ふぅ、すっきりなのです☆」

大和(こいつやへぇ・・・怒らせたらやべぇ・・・。)

こうして、奈緒を怒らせたらヤバいという伝説が始まった。

理子「始まらなくていいから、さっさと次行きましょーねー」

奈緒「イラッ☆」

大和「あぁ、また犠牲者が・・・。」


・澪燈さん
「お、日記発見
なになに?
"雫はやっぱりきれいだ
けどあの変態性だけはどうにかならないものか…"
"聖菜も可愛い
…けどこんな風になるなんてなぁ"
"奈緒はザ後輩って感じでまた可愛いんだよな
ふむ、特に変なとこもないような…いやあるわうん"
あれ、ここから先は破れてる
誰のかも結局わからねぇし…
…どうすっべかこれ
とりあえず大和に渡しとくか
厄介事は全て大和に渡せばそれで解決ってな
さーてポストに投函して
さて、帰るか」

→日記の話って、いつ書いたっけ・・・書いた記憶はあるけど、どこだか覚えてないんだな、これが。

大和「なんか日記ないと思ったら、郵便で届いたんだが・・・いったいどこに行ってたんだよ!?」



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • アニメ好き不登校

    なんか奈緒のキャラ登場の時とだいぶズレてるなw

    1
  • リネラス パルメ

    ここのコメ欄の皆のノリほんとすこ

    1
  • タコやん‐G‐ネオ

    えーい大和喰らえ。
    ラリホー。
    さあ!今の内だ女子諸君。今なら大和second写真集、その名も[大和のエチエチフィギュア付き!稲木の普段の姿~お風呂の写真集]さ!今なら無料!
    勝手に持ってけドロボー!

    1
  • 颯★改

    ・・・蓬莱の薬を飲んでなかったら死んでたぜ。
    奈緒がお嬢様、大和が執事なら俺は大商人かな?

    1
  • てぃーあ

    デート編で皆に変態属性が新たに付与されてる希ガス

    1
コメントを書く