女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

199話 嫌な予感しかしない…




理子とのデートの2日後。

えーと今日は・・・げ、雫じゃねぇか。

いや、 別に雫が嫌いなわけじゃないんだが、ちょっと関わりずらいところがあるんだよなぁ・・・変態だし。

何してくるか分からないってとこが怖いんだよな・・・変態だし。

そんなこんなで少し怯えながら、俺は家を出た。



俺は集合場所である、駅に着いた。

時刻は9時50分。集合時間より10分早かった。このくらいに着いておけばいいだろうと俺は思っていた。・・・のだが。

雫「おはようございます、大和くん。」

大和「え!?なんでもういるの!?」

そこには既に、雫がスタンバイしていた。

雫「大和くんよりも、早く着きたかったので。大丈夫です、ついさっき着いたばかりですから。」

大和「そ、そうか。」

雫「はい。つい50分程前に着いたばかりですから。」

大和「なんで集合時間の1時間前に着いてんだよ!?」

雫「ですから、大和くんより先に・・・」

大和「うん、それは聞いた。だけど、それだけじゃないよな?」

雫「う・・・。」

大和「・・・もしかしてだが、集合時間を間違えた?」

雫「そそそそんなわけ・・・。」ダラダラ

・・・これ以上は可哀想なのでやめておいた。



大和「で、どこに行くんだ?出来るだけ、変な所はやめてくれよ?」

雫「変な所とは?」

大和「その・・・規制が入るような場所。」

雫「私的にはそこでもいいんですけどね。」

大和「ダメに決まってんだろが。」

雫「まぁそう言うと思って、違う場所にしました。ちゃんと、規制の要らない場所です。」

大和「それならいいんだが・・・。」

雫について歩くこと15分。

大和「・・・なぁ、どこに向かってんだ?」

雫「もう少しです・・・あ、着きましたよ。」

雫が立ち止まった場所、そこは。


大和「・・・茶道教室?」

ドラマとかでよく見る、キチンとした茶道教室だった。

にしても、茶道教室デートか・・・と思っていると、雫はズカズカと中に入っていった。

作法諸々もろもろ、何もわからない俺は、とりあえず雫に着いて行った。

そして玄関まで来ると、雫は何故か、ガラガラと戸を開けてしまった。

こういうのって、ピンポンとかノックとかしてきゃ行けないやつじゃないのか!?

そう思った時、雫からとある言葉が放たれた。・・・それは。

雫「ただいまー。」

・・・ただいま?え?どゆこと?

そう思っていると、中から茶道の先生らしき人が出てきた。

??「あら、おかえりなさい。ちゃんと連れてきた?」

雫「当たり前でしょ?」

??「じゃあ、この子が大和くんね?・・・随分ずいぶんと整った顔立ちじゃないの。」

雫「でしょ?かっこよくて優しい人なんて、そうそういないよ?」 

大和「・・・あ、あの。」

ここで俺は口を開いた。

??「はい。」

大和「もしかして・・・その、雫さんのお母様でいらっしゃいますか?」

??「・・・礼儀もわきまえているのね。ますます気に入ったわ。」

大和「へ?あ、ありがとうございます・・・。」

その人は一呼吸おいて、こう言った。

??「いかにも、私が雫の母、百合野ゆりの 華美はなみよ。ようこそ、百合野茶道教室、もとい雫の家へ。」

・・・うん、分かってはいたけれど。

雫のデートは、お家デートらしい。

何気1番きついかもしれんぞ・・・。


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・颯★改さん
「コレで君も探偵になれる!
聖一郎変装セットマークII現在颯★改商会にて絶賛好評発売中!」

→聖菜(聖一郎)「コレで君も、私のような立派な刑事になろう!」

大和「立派でもなんでもない上に、探偵だと思われてるぞお前。」

聖菜「なんと」


・ミラル ムカデさん
「うーん次の新キャラは空から降って来たロリババアかな??
聖一郎さん察が子供に論破されてどーすんねんw」

→確かにロリババアは可愛いですが、それをだすとなると、世界線がおかしなことに(もう既におかしい)なっちゃうんですよね・・・ロリババアって、要はファンタジー要素の一環ですから。

聖菜「私は別に・・・」 
 
大和「聖菜、変装変装。」

聖菜「え?・・・あ!」

聖菜(聖一郎)「わ、私は別に論破されてなど・・・!」

大和「締まらねぇなぁ・・・。」


・黒田玄さん
「理子ちゃん優しいんだか、弄りたいだけなのか、分かんないときありますよねww
あれ、大和、理子を選ぶ感じ?」

→それが理子の良さですから。(良さってなんだっけ)

大和「確かに理子とは幼馴染ってのもあって話しやすいし、可愛いってのはあるけど・・・でも、皆可愛いし、妹まで求婚してくるし・・・もう、決めにくいったらありゃしないんだよな。加奈は親友で大切な人だし、奈緒と愛菜は小動物みたいで可愛いしさ・・・。どうしよう、これ。」



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    ハレム同好会のみんなぁー
    大和くん鎖繋いでみんなの家周回させたら??
    ワンチャンぽっと出にとられるよ?

    1
  • リネラス パルメ

    大和くんが女の子に振り回されるのがもう見てて楽しくって楽しくってw

    1
  • 澪燈

    解決方法があるぞ
    異世界飛んで全員嫁にするのだ

    1
  • 颯★改

    よし大和、ベットの下を探れ。

    1
コメントを書く