女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

115話 その幽霊、無邪気が故




次の日から、ハレム同好会の部屋には、お供え物を置いた。

いや、幽霊ゆうれいとか怖いじゃん?1度幽霊に殺されかけたしな、うん。

まぁそんな訳で、それから数日は何も起きなかった。

・・・数日はね。




3月19日。

もうあと何日かで修了式だというこの日に、それは起きた。

いつも通り部屋に行くと、お供え物がなかった。

俺はあわてふためき、後に入ってきた先生に聞いた。

大和「中守先生、ここにあったやつ知りません・・・?」

中守「あぁ、いたんできちゃってたから捨てといたよ?てか、なんで食べものをあんな感じにおいて置いたの?」

あ、オワタ。

そう、先生はなんも知らなかったのだ。あの時、あの場所にいなかったから。

すると、誰も居ないはずの所から、ガタッという音が聞こえた。

大和「」ビクッ

中守「え、どうしたの・・・?」

俺はおそるおそる、数日前のことを先生に話した。



中守「・・・え?これ、結構やばいやつ?」

大和「はい。」

中守「・・・私のせい?」カタカタ

大和「・・・まぁ。」

ガタガタガタッ

大和&中守「」ビクビクッ

ガタガタガタ・・・ビュンッ

すごい物音とともに、何かが飛び出した。

大和&中守「うわあぁぁぁ!」

俺たちは目をつぶった。





??「あっさちゃーん!」ギュッ




・・・?

俺がゆっくりと目を開けると、なにか・・・いや、誰かが中守先生に抱きついていた。

・・・いや、押し倒して、抱きついていた。

大和「・・・What!?」

中守「ててて・・・って、あなたは・・・!」

・・・ん?先生の知り合い?

すると先生は、こんな名前を口にした。




中守「どっ、どうしてここにいるの・・・千名美ちゃん!」

・・・どなた?

千名美「ふっふっふ、相変わらずでかいのう!それそれ!」

中守「ぴゃーっ!?」

大和「あの・・・?」

千名美「おっと・・・ごめんごめん!ついつい・・・。えっと、そうくんの息子くんだよね?」

大和「はぁ、そうですが・・・。」

千名美「ほうほう。あ、私は君のお父さんの蒼龍くんと同じハレム同好会のメンバーだった、中崎千名美なかざきちなみだよ。よろよろ~。」

大和「は、はぁ・・・よろしくお願いします。」

なんか軽い人だった。

中守「・・・で、なんでここにいるの?」

千名美「その前に、久しぶり~あさちゃん!20年近くになるよね。」

中守「そう・・・だね。もうそんな経つんだ・・・。」

千名美「はやいよねぇ。」

中守「うん。・・・で、なんでここに?」

千名美「・・・それはね。」

ゴクリ、とつばを飲み込む。










千名美「次話に持ちし!終了!閉廷へいてい!」

大和「メタすぎじゃこら!」

ぼうメタ主人公に引けを取らないメタさだった。



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    相変わらずメタいな
    この作品
    作者さんアメリカに飛んでけ

    1
  • ずっと一緒だよ

    頑張ってください!

    1
コメントを書く