女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

101話 嘆いても、悔やんでも




俺らがどんなになげいたことか。俺らがどんなに自分たちの無力むりょく痛感つうかんしたことか。

なやんでも、やんでも、千名美が帰ってこないのは分かってる。分かっていても、みとめたくなかった。

あいつは自殺するような奴じゃない。きっと、何かの間違まちがいだ・・・と。

そう思わなければ、精神せいしん崩壊ほうかいしてしまうほどに、俺たちは千名美の死を受け入れられなかった。

同好会の活動もストップ、というか、卒業まで活動することは無かった。

実質上じっしつじょう廃止はいし空中分解くうちゅうぶんかい。俺らは会うこともなくなり、そのまま卒業した。

・・・いや、何度か会おうともした。だけど見かける度に、千名美が頭をよぎる。そして、その場をはなれる。その、り返しだった。

俺と佳穂は同じ大学へ進み、そのまま卒業と同時にゴールインという形だった。佳穂だけは、一緒いっしょにいても大丈夫だった。

佳穂は何度も俺をなぐさめてくれた。自分だって辛いだろうに、それをかくして。

俺はその恩返しのため、色んなところに連れていった。

そして今、2児の・・・3児の父として、暮らしている・・・のに、何故か目の前には高校生活が広がっている。

・・・what?どゆこと?




千名美「さっきからどうしたの、暗い顔しちゃって・・・蒼くんらしくないよ?」

蒼龍「え、あ、す、すまん・・・。」

千名美「いや、あやまらなくていいんだけどさ・・・どうしたの?考え事?」

蒼龍「・・・まぁ、ちょっと・・・な。」

千名美「へぇ。蒼くん、考え事なんてするんだ・・・。」

蒼龍「ちょっと待て。それじゃ俺が難しいこと考えられないみたいじゃねぇか。」

佳穂「実際そうでしょ?」

蒼龍「ぅぐ・・・。」

言い返せヌゥ・・・。

すると、

ウワァァァン・・・。という声と共に、ドタドタという足音が聞こえてきた。

蒼龍「・・・朝奈か。」

佳穂「朝ちゃんだね。」

千名美「朝奈さんだね。」

いつもの事だった。

ガチャン!

中守「ひぅ!蒼くん助けてぇ!」

蒼龍「はいはい、今度はなんだ?」

中守「あの、あの・・・!」

佳穂「ゆっくりでいいから、言ってみて?」

中守「向こうに・・・向こうに〝G〟がいるの!」

パパパーン クエストが発生しました。 クエスト名「蔓延はびこるGを退治たいじせよ」

こんな音が頭の中で流れた。

蒼龍「よっしゃ、やってやるぜ!」

佳穂「腕のなり所だね!」

千名美「私たちにかかれば、G1匹、どうってこと・・・!」

中守「G・・・10匹いるの。」

バーン クエストを中止しました。

蒼龍「10匹は無いわ・・・。」

佳穂「諦めよ。」

千名美「だね。」

中守「えぇ!?ちょ、えぇぇ!?」

俺は久しぶりの日常を、楽しんでいた。



☆コメント返信のコーナー☆

・ノベルバユーザー192187さん
「んっ?先輩の辞書にも常識という言葉はないのでは?」

→あなたの言う先輩が誰をさしているのか分かりませんが、この作品の登場人物のほとんどは、常識がかけておりまっせ。

・白川真波さん
「主人公の周りの人間死にスギィ!
美由紀の親は子供置いて逃げるとかひでぇ...」

→死にすぎなのはあれです。仕様です。
美由紀の親のような人は、思ったより沢山いるんですよ。小説にも、ドラマにも、現実にも・・・ね。

・もみクロさん
「下手に変な落ちをねじ込もうとしたりしておらず

他の小説よりも文がしっかりしていて面白いです!

爆発オチは草不可避ww」

→そう言っていただけると、作者は嬉しいです。飛び跳ねます。爆発オチはテンプレやで、ほんま。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く