女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

98話 両親の思いと意地悪と




俺らは父さんの部屋から出て、母さん達のいるリビングに向かった。

リビングに入ると、母さんとジェリーが楽しそうに談笑だんしょうしていた。

ジェリー「あ、ごしゅ、やまとくん!」

くせになってしまっているのか、どうしてもご主人様と呼びそうになるようだ。

大和「おう。母さんとたくさん話せたか?」

ジェリー「はい!いろいろ、おしえてもらいまた!」

蒼龍「はは、良かったな。」

佳穂かほ「久しぶりにたくさん話せたわ。ありがとうね。」

ジェリー「いえいえ!」

大和「うっしジェリー、俺の部屋行こうぜ。母さん、ご飯できたら呼んでくれ!」

佳穂「はいはい。変なことしちゃダメよ?」

なんてデリカシーのないことを。

大和「誰がするか!」

ジェリー「変なこと?」

蒼龍「ジェリーちゃん、この世には知って得することと、損することがあるんだよ。」

ジェリー「・・・???」

大和「ほ、ほら行こうぜ!」

ジェリー「は、はい。」

俺たちは、俺の部屋に向かった。




蒼龍「・・・大和、青春せいしゅん謳歌おうかしてるみたいだな・・・。」

佳穂「えぇ・・・本当に、よかった。」

蒼龍「・・・あぁ。」

俺たちは、我が子の成長を喜んだ。

高一の頃は、佐和子さわこのこともあってか、とても暗かった笑顔が、今ではちゃんと笑えている。それが、どうしようもなくうれしかった。

しかも、幻獣げんじゅうを連れてきた。

大和を見ていると、まるで俺の昔の頃を見ているようで、そのたびなつかしみ、悲しい思いをしてきた。

天国で元気にやってるか?佐和子、美和子ちゃん、姉ちゃん、そして・・・。

俺は元いた椅子に座り直し、すっかり冷めてしまったコーヒーを飲んだ。




佳穂の「ご飯できたよ~」という合図で、3人が降りてきた。

みんなで囲んで、ご飯を食べる。

俺は何となく意地悪いじわるをしたくなり、大和にこう聞いた。

蒼龍「で、大和。お前は結局、ハーレムの中から誰を選ぶんだ?」

大和「ぶっ!?」

大和は飲んでいた味噌汁みそしるを吹き出しそうになり、思い切りむせていた。

大和「な、なんだよ突然・・・。」

蒼龍「いや、気になってな。」

大和「・・・まだ、決められない。」

蒼龍「・・・そうか。そうだよな、俺に似て、ヘタレチキンだもんな。」

大和「誰がヘタレチキンじゃこら!せめて優柔不断ゆうじゅうふだんと言えや!」

意味的には、ヘタレチキンとそう変わらないんだがな・・・それ。

ジェリー「ご、やまとくんは、やさしん、ですよ。」

ジェリーちゃんが微笑ほほえみながら言う。

大和「ちょ、ジェリー。」

佳穂「へぇ、大和は優しいの。へぇ~。」

小鈴「おにぃ、優しいというか、あまいよね。女の子に。」

大和「ぅぐ・・・。」

ははは、とみんなで笑うと、大和は顔を真っ赤にしてうつむいていた。



☆コメント返信のコーナー☆

・アマスさん
「HAHAHA!!なんだこの主人公は!
爆発してしまえ!!!!」

→僕もそう思います。自分で書いててイラついてくる今日この頃です。

・ルカさん
「ん?今なんでもするって」

→あ。(絶望) ビンビンビン…

・ミラル ムカデさん
「な~にしてもらおーかなぁ~」

→何も見えない、何も聞こえない・・・。


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く