女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

73話 初詣の願い事は




その後、俺たちは仕方なく、そのまま初詣はつもうでをすることになった。

大和「全く、いつの間にか年明けてやがったよ、こんちくしょう・・・。」

理子「まぁまぁ、いいじゃんそんなの。それより初詣だよ、初詣!」

聖菜「そうだよ、大和くん!今を楽しまなきゃ!過ぎたことは変えられないんだから!」

雫「過去うしろをみて未来まえをみろ。そして現在よこにいる仲間のことを思え。ですよ!」

大和「なんかかっこいいこと言ってるけどよ、お前らのせいだからな?」

3人「ヒュ~♪」プイッ

理子たちは一斉いっせいにそっぽをむいた。

こいつら・・・。

奈緒「ほ、ほらもうすぐなのですよ!皆さん、願うことは決まってるのですか?」

場の空気を変えようとしてくれたのだろう。奈緒が話題わだいを変える。

大和「ん、まぁ一応な。」

理子「何がいいかな~」

聖菜「太らないようにとかは?」

理子「私、別に体重気にしてないから!」

雫「じゃあ、そのお腹を抑えてるのはなんですか?」

理子「う!?あ、いやこれは・・・!」

大和「・・・あんまりいじめてやるなよ?」

俺はため息をついた。

奈緒「・・・大和先輩。」

大和「ん?どうした?」

奈緒「私は、大和先輩と一緒にいれるなら、何だっていいのです。」

大和「・・・そっか。」

俺はれくさくなり、目をそらした。

小鈴「おにぃ。」

大和「鈴?」

小鈴「いつまでも、一緒にいようね。」

大和「え、あ・・・お、おう。」

妹とはいえ、女の子にそんなことを言われて、小っ恥ずかしくなり、またもやそっぽをむいた。






大和「ほら、俺たちの番だぞ。」

前の人がいなくなり、目の前に賽銭箱さいせんばこと大きな鈴が姿すがたあらわした。

俺たちはよこに並び、それぞれ賽銭を入れ、鈴を鳴らした。

そして、二礼二拍手一礼。

最後の一礼のとき、俺は心でこう唱えた。






大和(神様、聞こえていますでしょうか。)

大和(俺は去年、ここにいるみんなに助けられました。)

大和(本当に、何度も何度も。)

大和(・・・ですから)














大和(俺のことはどうでもいいので、理子たちを幸せにしてください。)






理子「ふぅ、すごい人だったね。」

小鈴「ね~」

大和「見渡す限り、人、人、人だもんな。」

俺と小鈴、理子は聖菜、雫、奈緒と別れ、帰路きろ辿たどっていた。

理子「大和。」

大和「ん?」

理子「来年もまた来ようねっ!」

理子が、とびっきりの笑顔でそう言った。

大和「あぁ、もちろん!」

俺も同じような笑顔で返した。






大和「ふぅ。」

俺は布団に入り、寝る準備に入った。

そう言えば、初夢にみるといいの、なんだったかな。

一富士二鷹三茄子いちふじにたかさんなすびだったか。まぁ、なんでもいいか。

とりあえず

大和(いい夢、見られるといいな。)

そう思いながら、俺は目をつむった。





「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く