女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

56話 王様ゲーム(お手上げ&来訪)




「「王様・・・」」

「「ゲーム・・・!?」」

俺たちはびっくりしていた。まさか、聖菜からその単語たんごが出てくるとは思わなかったからだ。

「えっと・・・聖菜よ、やり方とか分かってるか?」

俺は一応聞いてみた。

「バッチリだよ!」

だそうですよ奥さん。(誰目線だれめせん)

「ん~・・・まぁ、いいんじゃない?やることないしさ。」

「理子!?」

「私もいいと思いますよ。」

「雫!?」

「ぐふふ・・・大和先輩にいろいろ命令してやるのです・・・。」

「奈緒まで・・・!」

「大和はやりたくないの?」

「大和くん・・・。」

「いや・・・その・・・」

実を言うと、俺はおそれていた。

王様ゲームといえば、合コンとかでよくやるやつ。つまるところ、アレ方向に行く可能性が高い。

俺だって、そういうことを考えたことが無いわけじゃない。でも、今やるのは違う。違うんだ・・・。

みんなの気持ちだって、一応は気づいてるつもりだ。だから、だから・・・。

俺は聖菜の方を見た。・・・今にも泣き出しそうで、目がうるうるとしていた。

・・・お手上げだよ、ちくしょう。

「・・・わかったよ、やるか。」

「大和くん・・・!」パァァ

聖菜は途端とたんうれしそうな表情になった。

俺は、その笑顔のためなら、なんだってやれる気がした。

「あ、ただ」

俺は一応言っておくことにした。

「アレ方向の命令は極力きょくりょく無しな。」

「アレ方向?」

「アレ方向ってなんだろなー」

「わかんないのですー」

聖菜はただ疑問ぎもんに思っていただけだったが、理子と奈緒は、どう見ても確信犯かくしんはんだった。

おのれ・・・。

「エ○方向ですね!」

「はっきり言うな!」

俺が隠していた意味はほとんどなくなったのだった。

雫・・・お前ってやつは・・・。







「割り箸できたー?」

「出来たよー!」

聖菜が部屋の中にあった割り箸を持ってきて、赤のマークと1~6番の数字を書いて、鉛筆立てに入れた。

・・・ん?待てよ?

「なぁ、数字が多くないか?」

俺たちは5人だから、王様を抜くと、数字は4まででいいはずなんだけどな・・・。

「あぁ、それはね」

理子が口を開く。

「ドアをごらん下さい。」

「え?」

俺がドアのほうを見た瞬間しゅんかん












ドーンという大きな音を立ててドアが開いた。

その先には





うわさを聞きつけやってきた、ハレム同好会顧問こもんの中守朝奈!」

「理由は同じく!ハレム同好会入会希望にゅうかいきぼうの竹口加奈だ!」

うちの顧問と小学校からの親友がいた。





「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く