女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

55話 ○○ゲーム(憂鬱&犯罪)




3日目のテストが終了した日、俺は重い足取りで遊戯室ゆうぎしつに向かっていた。

前と一緒?キニスンナ。

ちなみに、理子と聖菜は軽々とした、もはやスキップでもしそうな足取りで教室から出ていった。

「・・・はぁ。」

俺はため息をつきながらドアを開けた。





「遅かったね大和!早く席について!」

理子が俺のことを待っていたとばかりに、仁王立におうだちしていた。

前を見ると、ホワイトボードに「本日の同好会!ゲームを楽しもう!」と書かれていた。

「そのホワイトボード、どうしたんだよ?」

倉庫そうこに置いてあったからもらってきた!聖菜ちゃんと2人で!」

理子がえっへんと胸を張りながらいった。

あぁ、そういえば理子と聖菜は倉庫の掃除当番だったっけ。

・・・ん?あれは・・・?

「なぁ、理子に聖菜。」

「「ん?」」

「俺の目がおかしくなったんじゃなければ、あのホワイトボードの横に、『生徒会備品せいとかいびひん  持ち運び厳禁げんきん!』って書いてあるんだが・・・。」

「「・・・。」」プイッ

「・・・先生にはOKもらったのか?」

「「・・・。」」ププイッ

「おいこら」

「「♪~(´ε`;)ピュー」」

全くもって、窃盗せっとうだった。

「ま、まぁいいじゃん!」

「そ、そうだよ!すこしくらい・・・」

何がいいのか、何がすこしくらいなのか俺には全くわからなかった。

だがまぁ、俺も返しに行くのがだるかったので、だまっておくことにした。

「で?何をすんだよ?」

「うーん、そうだなぁ・・・」

聖菜が考えている時、ガチャッと音がし、2人の少女が入ってきた。

「こんにちは♪」

「・・・こんにちはなのです。」ズーン

雫と奈緒だった。

奈緒は・・・どうやら、俺と同じ境遇きょうぐうらしい。ドンマイ。

「うーん・・・みんな、どんなゲームがしたい?」

しびれを切らしたのか、理子が問いただした。

「ゲーム・・・ですか?」

「そ。なんでもいいんだけどね・・・ボードゲームとか、テレビゲームとか。」

「そうだな・・・トリテスか、ウメビスはどうだ?」

俺が意見をする。

「「「「却下きゃっか」」」」

即答だった。しかも、満場一致まんじょういっち

「・・・そうか。」

俺はうなだれた。

「ね、ねぇ皆!」

聖菜が声を上げる。

「ん?なんだ?」

「どうしたの?」

「「??」」

俺たちは、聖菜の方を見た。


































「王様ゲームなんて・・・どうかな?」






「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • tako-yan

    いつも投稿ご苦労様です。たまには休んでもいいですからね?

    3
コメントを書く