女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

52話 お別れと再会




「・・・なぁ」

俺はしびれを切らし、2人に話しかけた。

「「なに?」」

「俺、そろそろあっちに戻りたいんだが・・・」

あっちとはもちろん、理子たちのいる世界のことだ。こっちも居心地いごこちはいいんだが、所詮しょせん他人の家。ホームシックになりそうだった。

「・・・そう。」

ヴィーちゃんが悲しそうな顔をする。

「そりゃそうよね・・・ごめんなさい、話し込んじゃって・・・。」

アフロディーテ・・・りゃくしてアフロちゃんがもうわけなさそうに、ぺこりとあやまる。

でもやっぱ、どこか悲しそうだった。

「アフロちゃんはやめてくれない!?せめてディーテちゃんにして!!」

「お静かに」

「あっはい」

ショボーンとしてしまった。

かわいそうだから、ディーテちゃんとんであげよ。

「それで、どうやってたら帰れるんだ?」

「私たち2人で、貴方あなたを元の世界に飛ばすことが出来るわ。」

そもそも、そうやって連れてきたし。と、ヴィーちゃんは言葉を続けた。

「そか。じゃ、早速たのめるか?」

「えぇ。・・・でもその前に、一つだけ、たった一つだけでいいから、かなえてほしいことがあるの・・・」

ディーテちゃんがそう言う。

「ん?なんだ?」

一つだけならまぁいいか、と思って、そうたずねた。

「わ、私も一つだけ・・・」

ヴィーちゃんが言う。

「ヴィーちゃんも?まぁいいけど。」

そう俺が言うと、2人は深呼吸しんこきゅうをした。

そんなに大事だいじなことなのか?と俺が思った時、2人が口を開いた。























「キス・・・して」byディーテ

「オーガニズム手伝って」byヴィー

「よし、ディーテちゃんはいいぞ。ヴィーちゃん、お前はダメだ。」








「なんで!?なんでよ!?」

「ダメに決まっとるだろうが!!なんでそんなもん手伝わなきゃならんのだ!」

「ふふ、バカなヴィーナス。」

「なんですとーー!」

「2人とも喧嘩けんかはやめろ。」

「「はい」」

なんかとても素直すなおだった。

「じゃあ・・・ディーテちゃん。キス・・・って、これどこにすればいいんだよ?」

ディーテちゃんは山姥メイクをしているため、キスできそうなところなんて見当たらなかった。

「あぁ、それなら」

と言って、ディーテちゃんは








おもむろに服を脱いだ。

「!?!?」ブッ

俺は思わず吹き出す。

「ここに・・・」

と言いながらブラを外そうとしていた。

「わーっ!!そんなとこにするか!!」

「えっ!?」

「おかしいだろうが!!ええぃ、ままよ!」

俺は





鎖骨さこつの下あたりにキスをした。

「!?」ゾクゾクッ

ディーテちゃんが震える。

「ふう、これでいいだろ?」

「・・・え、あ、うん。」

どうやら、別世界にいたらしい。

「む~~・・・。」

ヴィーちゃんがほおふくらまして、抗議こうぎしてきた。

「・・・はぁ、仕方ないな。」

俺はヴィーちゃんに近づき






頭を撫でてやった。

「!?・・・~~♪」

ヴィーちゃんが気持ちよさそうに目をつぶる。

「・・・よし、これで許せよ?」

「・・・うん♪」

ヴィーちゃんはうきうきしながら答えた。

「・・・さて、それじゃあなたをあっちに帰します。少しの間、動かないでね。」

「おう。」

「じゃあね。」

2人が俺に手をかざす。

その瞬間しゅんかん、なにかに吸い込まれるかのような感じになった。







目を覚ますと、そこは見しらぬ白い天井だった。

「おじゃましま・・・。」

理子が入ってきた。俺がそっちを見ると、理子は止まってしまった。

すると、すぐに理子が泣きそうな顔・・・いや、涙をボロボロと流しながら突っ込んできた。

「うおっ!?」

「大和!!大和!!がえっでぎだんだね~」

「・・・あぁ。」

「ひぐっ、も、もうだめかと思っだよ~!!」

「・・・ごめんな。心配かけて。」

理子の頭を撫でる。

後で聞いた話だが、俺は通りに刺されたことにされたらしい。

ま、幽霊ゆうれいがなんていっても、誰も聞いてくれないだろうしな。

ま、ともかく。

俺は無事、戻ってきたのだった。



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く