女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

28話 夏は、恋の季節です




8月15日。天気  晴れ。お盆の季節であり、家できゅうりの馬や、なすの牛をかざ家庭かていもいるのだろうが、俺たちは、そんなことは無視むしとでも言うかのように、お祭りに来ていた。  

聖菜が、

「どうしても、浴衣がきたい!」

とうるさかったため、仕方なく、女子共は全員浴衣をきることになった。俺?普段着ふだんぎだ。めんどいし。

俺が待っていると、

「お待たせ~」

と、聖菜たちがやってきた。聖菜たちの浴衣姿ゆかたすがたは、水着ほどではないが、そそられるものがあった。

「おぅ、来たか。結局けっきょく、全員浴衣着たのか。奈緒はいやがってたのに。」

先輩達せんぱいたちに無理やり着せられたのですよ・・・。着たくなかったのですが・・・。」

「なんでだ?結構けっこう似合にあってると思うが・・・」

「に、にあ・・・///そ、それでも、嫌なものは嫌なのですよ!」

「まぁ、そうだな。」

「「「「・・・。」」」」

なんかほかの4人の目線めせんいたいんだが・・・。

「・・・大和!ほら一緒に屋台まわろ!!」

「理子ちゃんばっかずるい!大和くん、私とまわろ?」

「ふふ、私でもいいんですよ?」

「私も大和先輩とまわりたいのです!」

「ちょ、引っ張るな!痛いから!」

「じゃあ」「大和は」「誰と」「まわりたいのですか?」

う・・・えらべん・・・。どうすれば・・・ん?そうだ!


「よし決めた。」

「「「「誰に?」」」」  

「ほら鈴、行くぞ。好きなの1つ買ってやるから。」

「ほんと!?やったー!おにぃは優しいな!」

俺と鈴はそそくさとその場をあとにした。その場をはなれている途中とちゅう、ほかの4人が

げた。」「ヘタレ」「ロリコン」「シスコン」

といってきやがった。うっせぇうっせぇ、なんとでもいえ。








俺と鈴は、いろんな所をまわった。わたあめ、金魚すくい、焼きそば、お好み焼き、牛串などなど。(鈴には、800円のお好み焼きを買わされました。)

祭りの屋台の食べ物が、とても美味おいしく感じるのはなぜなのだろうか。俺も焼きそばを買ったが、とても美味しかった。

そろそろ合流しようかと思った時、花火を見つけた。スーパーなどで500円くらいで売ってそうなやつだ。1000円もしたが。まぁ、やってもいいかなと、俺は買った。

「お~い!」

理子達が近づいてきた。よく見ると手には・・・

「じゃーん!すごいでしょー!射的しゃてきで手に入れたんだ!」

大きな戦利品を抱えていた。

「お前、昔から射的が得意とくいだったもんな。玉10発くらいで、店のやつほとんど倒したこともあったっけ・・・。」
 
「よく覚えてるね、そんな昔のこと。」

「忘れたくても忘れられんわ。あの時、店のおっちゃん泣いてたぞ。」

「そう言えば、今日の店主も泣いてたね。」

「そりゃあ、店の1番を100円で取られたら泣くでしょうが。理子ちゃん、少しくらい手加減てかげんしたら?」

「言っても無駄むだだ聖菜。こいつは勝負事しょうぶごとになると、手加減なんてものは頭の中から消え去る。」

「ま、まぁいいじゃんそんなこと。それより、それ、花火?」

「ん?あぁ、そうだ。やるか?」

「いいですね。」
 
「賛成なのです!」

「そっか。理子達もいいか?」

「「うん。」」

「鈴もいいよな?」

「いいよ。」

「じゃ、河原かわらにでも移動いどうしますか。」










俺たちは河原に移動し、思い思いに花火を楽しんだ。移動シーンなどない。いいね?

俺が線香花火せんこうはなびをやっている時、

「大和くん、隣いい?」

と、聖菜が言ってきた。

「あぁ、いいぞ。」

「ありがとう。私も線香花火やろっと。」

聖菜の線香花火に火がつき、パチパチと音を立て始めた。そのとき、

「ねぇ・・・大和くん。」

「ん?なんだ?」

「大和くんはさ・・・私たちの思い、気づいてる?」

「・・・まぁ、流石にあれだけやられたら、な。気づかない方がおかしいだろ・・・。」

「そう、だよね。・・・大和くん、別に今すぐ決めろってわけじゃない。でも、絶対にあやふやにはして欲しくないの。」

「わかってる。でも、今は決められないんだ。・・・あとでも、いいか?待っててくれるか?」

「・・・もちろん!だって」




























「私の初恋の相手だから。」

線香花火が消えるまでの間の出来事できごと。それはとても長く感じた。


コメント

コメントを書く

「学園」の人気作品

書籍化作品