女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

19話 最高で最悪な誕生日(ハハッワロス)




梅雨明けのある日のこと。
今日は、俺の誕生日たんじょうびだ。朝起きた時に、妹に
「誕生日おめでとう!おにぃ!」と言われ、初めて気がついた。自分の誕生日など、すっかり忘れていた。ハハッワロス。

そして、学校。今日は何故か、理子も聖菜も執拗しつように迫っては来ず、お昼も別々だった。ついに嫌われたのか、と思った。無理もない、俺はあいつらを今まで適当にあしらっていた。無下むげにしたつもりは無いが、はたから見れば、そう思われて当然だろう。と思った。

そのまま、ズルズルと引きずり、放課後ほうかご。・・・正直、行きたいと思わなかった。嫌われたのに、行く必要はあるのか、と。でも、理子と聖菜に、
「先行くけど、絶対に同好会に来てね!」と言われたため、重い足を引きずりながら、部屋の前にきてしまった。開けるのを躊躇ためらったが、心を決めてドアを開けた。




パン!パン!パン!パン!パン!
目の前で5回のクラッカーの音がした。

「・・・え?」

音がした方を見ると、そこには、理子に聖菜、百合野さんに奈緒、そして、中守先生の姿があった。そして、俺に向かってこう言った。

「「「「「お誕生日おめでとう!大和(くん)(先輩)!」」」」」

「え・・・な、なんで・・・」

「なんでって、幼馴染おさななじみの私が、大和の誕生日をわすれるはずがないでしょ?」

「それで、みんなでお祝いしようってことになったの。」

「え、でも、みんな、いつもより話しかけてこないから・・・俺、てっきり、嫌われたのかと・・・」

「そんなわけないじゃないですか。みんな、大和くんを祝いたかったんですよ。でも若干名、口が軽い人がいるので・・・」

「そんなわけで、今日はみんな話さなかったのですよ。本当に、おめでとうございますなのです。」

「あ・・・」

「大和くん。先生として、担任として、同好会の顧問として、私はあなたを嫌うような真似は絶対しませんよ。私も、大和くんのこと、好きですから。」

「あー!先生ずるい!」

「私だって好きだよ!」

「私も。」「わたしもなのです!」

「み、みんな・・・ありがとう・・・。」

「それでね・・・誕生日プレゼント、どうしようか悩んだんだけど・・・。」

「誕生日は」「私たちからの」「イチャイチャを」
「プレゼントするのです!」

「・・・はっ?」

そういって理子たちは、こっちに突っ込んできた。


ここで1話の冒頭と繋がるわけでござんす。

「・・・あのさ、離れてもらえないかな?」

「「「「無理(なのです)」」」」

「oh・・・」

「ふふふ、大和くん、モテモテだねぇ」

「全然違いますよ。てか、あーた先生でしょうが!先生だったら助けてくださいよ!」

「私ね、面倒ごとには突っ込まないタイプなんだ」

「ドチクショー!!」

「ハハッワロス。・・・じゃあさ、取引しようよ」

「・・・取引?」

「私は、大和くんを助ける。大和くんは、私を大和くんの家へ連れていく。もちろん、大和くんのお父さんが居る時に。」

「あっ、じゃあ助けなくていいです。」

「orz」

こんなことを話しているあいだにも、4人はそれぞれのポジションでやりたい放題。いい加減、やめちくり・・・。

結局、俺が解き放たれたのは、下校時刻を30分ほど過ぎた時だった。くそが・・・。


シリアスな展開になると思った?ねぇねぇ、シリアスになると思った?残念、なりません。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く