女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

16話 弁当1つで人生詰んだ\(^o^)/




昨日、奈緒なおに「一緒にご飯食べよう」と言われた。とてもワクワクしていた。ほんとだぜ?だってよ、親に弁当まかせると、たまにどっちもおかずだったり、その逆もあり、おかずがなくて、弁当がすっからかんだったときとあったんだよ。抜けてるんだよな、うちの親も。まぁ、だからといって、自分で作る時間もないわけで。ま、そういうこった。

そして今日の3時間目の終わり。チャイムが鳴り終わり、どんな弁当なんだろうなー、なんて思っていたとき。
2人の女子が、それぞれ俺の右と左の腕をつかんだ。
誰かって?はは、前の話を見た人ならわかるだろ?
アホとアホ理子と聖菜だよ。

「大和!一緒にお昼どう?」

「一緒にお昼食べない?」

「いや、俺、今日は奈緒と食べるから・・・」

「「・・・奈緒と?」」「あ、あぁ。」
なんだこいつら・・・がらっと雰囲気ふんいきが変わったぞ・・・。

「・・・そういえば大和、お弁当は?いつもは、机の横にかけてるじゃない。」

「なんでそれをお前が知ってるんだよ。教えたことないだろ。」

「何年の付き合いだと思ってるの?大和の考えてることなら、だいたいお見通しだよ?」

「そうかよ。それはすごいなー(棒)」

「で?お弁当は?」

「奈緒が作ってくれるらしい。いやはや、どんな弁当なんだろうな。」

「・・・奈緒が?」「・・・作ってくれるぅ?」
やべ、俺、墓穴掘ったかも。\(^o^)/
すると、さっきよりと強く、右と左の腕を掴んできた。

「痛い痛い!ちょっ、ばか、やめろっての!」

「ヤ・マ・ト?チョットクワシクキカセテクレルちょっと詳しく聞かせてくれる?」

「ヤマトクン?ドウイウコトカナァ?どういう事かなぁ?

「私は何も知らんよ(適当)・・・てかさ、ちょっと言いづらいんだけどさ・・・」

「「ナァニ?」」

「その・・・さっきから腕を強く掴んでるせいでさ・・・えと、2人の、む、胸があたっていて・・・。」

「「!?!?/////」」

「だから、その、少し離れて貰えんか?」

「「・・・。」」「お、おい。どうしt」
ぎゅっ
「わぁぁぁ!?なにやってんだよ!」
そう言うと、2人ともこんなことをささやいてきた。

「・・・わざとあててみました///」
「・・・どうかな?///」

「おいバカやめろ、今すぐ離れろ。俺はこの作品を、エロ作品にするつもりはない。」

「「・・・メタァ・・・」」「知らんな」

するとそこに。

「なぁーーにやっとんですか!先輩方ーーー!!!」
と言いながら、奈緒が入ってきた。俺はすかさず、奈緒に助けを求めた。
「な、奈緒っ!!助けてくれ!こいつらをどうにか・・・!」
だが、
「ヤマト?ナンデホカノオンナノナマエヲヨンデイルノ?なんで他の女の名前を呼んでいるの?

「ヤマトクン?ワタシトイッショニイヨウ?私と一緒に居よう?

とても、逃げられる状況ではなかった。

おれ、今度こそ\(^O^)/オワタ
グッバイ俺の人生。グッバイ家族。





結局、なんやかんやあって、4人でお昼を食べることになってしまった。どうしてこうなった・・・。


なんやかんやを説明しろ?
A.ちょっと何言ってるか分からない。

奈緒とのラブコメを書け?
A.え、なんだって?

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ゆきり

    いつも面白いです!
    これからも頑張ってください!

    7
コメントを書く