女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

14話 モテる男は辛い?甘えてんじゃねぇ




理子が突然キスをしてきてから5分後。遊戯室は変な空気に包まれていた。

理子はさっき噛んだ舌が痛いのか、しきりに舌を触って、咄嗟に顔を赤くして下を向く。これをかれこれ5分も続けている。まるで精密なロボットのようだった。というか、そんなに強く噛んでいないはずだぞ?ほんと、どうしちまったんだ?
聖菜は5分前からずっと「大和くんェ・・・」といった顔でポカーンとしている。心ここに在らずとは、こういうことなのかと、よく分かる図だった。
百合野さんは顔を赤くしながら、ブツブツとなにかを呟いていた。声が小さすぎて全然聞こえないが、感じからして、ろくでもないことを考えているのはわかった。
新入会員である奈緒は自分の唇を触りながら、何やらそわそわというか、モジモジしていた。 

「なぁ・・・みんなどうしたんだよ?さっきから、ずっとそうしてるじゃねぇか・・・。」
「「「「大和(くん)(先輩)のせいだよ!(なのです!)」」」」
「えぇ・・・。」というやりとりを、もう3回ほどやった。

「というか、理子ずるいよ!大和くんと、その、き、キスするなんて!」
「ふふん、これが幼馴染の特権ってy」
「なんだ、聖菜もキスしてほしかったのか?」
「やつ・・・よ?」「え、いいの?!大和くん!」
「あぁ、別に構わないけど。」
どっかの国では、キスって挨拶なんだろ?挨拶くらい、はずかしがることないとおもうのだが・・・。
「じゃあ・・・するね?」「あぁ。」
チュッ
聖菜がキスしてきた。柔らかかった。ま、当たり前か。
「ん、ふ・・・へへへ、大和くんとキス・・・」
10秒くらいして、唇が離れた。聖菜の顔が真っ赤になっていた。そんなに俺とキスするのが難しいことなのか?
すると、うしろから誰かの気配がした。振り向くと
チュッ
百合野さんがいて、キスしてきた。
逃げようとしたが、何故か理子と聖菜に取り押さえられた。結局、10秒ほどキスをした。
「ふへへ・・・これで事実関係・・・赤ちゃんが出来たら・・・責任は取ってくださいね?」
「キスで赤ちゃんはできません。(適当)」

3人からキスをされ、俺は内心とても動揺していた。だってさ、まだ1回もキスしたことなかったのに、今日だけで3人からキスされたんだぜ?そりゃ動揺もするだろ。なん
でこうなっちまったかな・・・。
と思っていると、ふと裾が引っ張られていることに気がついた。その先をみると、
「・・・奈緒?」
顔を赤くした奈緒がいた。
「あの・・・先輩・・・えと・・・わた、私も・・・その・・・」
どうやら、緊張しているみたいだ。なにをそんな緊張してんだ?俺と話すのがそんなおっかないのか?と思っていると、奥に3人がいることに気づいた。こっちを見て、俺に何か合図をしてる・・・?あぁ、そういうことか。
俺は奈緒の肩を掴んだ。そして、
「ひゃ!?せ、先輩・・・!?」
「ごめん、奈緒。ちょっと口借りるぞ」
チュッ「あ・・・」
おもむろにキスをした。
とても柔らかかった。その時、3人にはない何かを感じた。3人とキスしたときとは違う、なにかを。
これは・・・背徳感?そうだ、背徳感だ。何故かおれは、奈緒とキスした時だけ、謎の背徳感を感じた。俺はその背徳感の余韻に、少しの間、ひたることにした。



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー341807

    羨ましいです笑

    1
  • ノベルバユーザー192187

    んっ?先輩の辞書にも常識という言葉はないのでは?

    5
コメントを書く