女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

13話 天国と地獄(物理)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「俺らの同好会に入らないか?」

「「「「・・・え?」」」」

全員が俺の言葉により、ポカンとしてしまった。何かおかしいこと言ったか?
「え、と・・・いいのですか?私が入っても・・・大和様の邪魔になりませんか?」
「ならねぇよ、別に。ただし、同好会に入るなら、その『大和様』ってのをやめてくれ。むず痒いから。せめて先輩にしてくれ。」
そう言うと、奈緒は
「うぇ・・・ふぇ・・・ふわぁぁぁん!」
と、何故か泣き出してしまった。
「え、ちょおおおおお!?なんで泣いてんの!?そんなに大和様って呼びたかったのか!?それとも、こんな奇妙な同好会に入りたくないのか!?だよな!俺もお前の立場だったら、こんな同好会に入ってないわ!」
「私たち、さらっとディスられてない?」
「ディスられてるね~」「ですね」

「ふえっ・・・そ、そうじゃないのです・・・まさか、大和さm・・・ヤマト先輩からそう言ってもらえるとは思ってなくて・・・嬉しくて・・・うぇぇぇぇん!」
「だあぁぁぁっ!嬉しいなら泣くなっ!ああもうほらっ!」
仕方なく、ポケットからハンカチを取り出し、涙を拭いてやる。そうしたら、泣きじゃくったからなのか、奈緒は顔を赤くしていた。

「で?奈緒は俺らの同好会に入るのか?それとも、入らないのか?」
「入るのです!入らせていただくのです!」
と、奈緒は、さっきとは打って変わってにっこりと返事をした。・・・無性にも、可愛いと思ってしまった。

「ふぅ・・・これでひと段落だな。」
そう言って椅子に座ると、肩に手を置かれた。しかも1つじゃない、3つだ。
なんだろうと思い振り返ると、そこには
「「「ヤマトクン?カクゴハデキテルヨネ?」」」
般若のお面のようなオーラを放ちながら、にこにことしている、理子と聖菜と百合野さんがいた。
俺は思った。(あっ、俺終わった。)と。
「えと・・・乱暴はよくないぜ?」
「「「ナニヲイッテルノ?コノエロヤマト。ソンナニハーレムフヤシテ・・・ドノクチガイッテルノカナ?」」」
「この口。」と、俺の口を指して見た所、
「ヘェ・・・ソッカ。ソンナクチニハ・・・」
と言い、理子が近づいてきた。あ、終わった。父さん、母さん、今までありがとうございまs
チュウッ
し・・・た・・・?

あ、ありのまま今起こったことを話すぜ・・・。てっきり殺されるとおもったんだが、何故か理子がすぐ目の前にいて、俺の口と理子の口が合わさってるんだ・・・。何言ってんだか分からないかも知らないが、俺にもわからない・・・。
まぁ、要するに。
理子がキスしてきた。
「~~~~!?」
びっくりすぎて声が出なかった。え?なんで理子が?と思っていた。
レロン。
あ、舌が入ってきた。流石にこれ以上はヤバいな。
えい         ガリッ
「にゃあぁぁぁぁ!?」
舌を噛んだら、理子がなんか変な声を出した。相変わらず、理子は面白い反応するなぁ、と思っていると
「ちょっと大和!?なんで舌噛んだ!?しかも私の!」
「いや、舌を入れてきたから。」
「きぃぃぃ!舌くらい入れてもいいじゃない!」
「ダメです(ヤーマン)」
「あぁぁぁんまぁぁぁりだぁぁぁ!」
なにか理子が騒いでいるが、無視した。
なんとなく他の奴らを見ると、
しきりに「大和くんェ・・・」と言っている聖菜と、
「大和くんにだったら汚されても・・・」と、訳の分からないことを呟いてる百合野さんと、
「私も先輩とキスしたいのです・・・」と顔を赤くしている奈緒がいた。
みんな、どうしちまったんだ?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー253562

    なにこれ(白目)

    1
  • Masilo

    恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

    2
  • ノベルバユーザー225775

    ジョジョファンですかな?

    1
  • アマスさん

    HAHAHA!!なんだこの主人公は!
    爆発してしまえ!!!!

    6
コメントを書く