女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

10話 パクリじゃないよウヘェだよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの修羅場になった3者、もとい4者面談週間はなんとか終わり、初めての同好会の活動日。これもほんとうに色々大変だった。

前に掃除したおかげでだいぶきれいにはなったが、3人の主張がはげしかった。
「同好会といったらゲームでしょ!」と、playstudy3(通称ps3)を置こうとする理子。先生からの「テレビだって置くの苦労したんだよ!?ゲーム機とか、置けないから!」という、何故か汗水垂らした感のある言葉と、俺の猛反対により却下された。先生、前の同好会の時何があったんだよ・・・。(Play〇tationじゃないよ。PlayStudyだよ。)

更には、「お茶があるなら、お菓子もなくちゃ!」と何故かえっびかぱせんを、まるでオブジェのように大量に置こうとする聖菜。気持ちは分からんでもないが、何故にえっびかぱせん?とりあえず却下された。(かっ〇えびせんじゃないよ。えっびかぱせんだよ。)

さらにさらに、「うふふふふふへへへ・・・」と言いながら、こっそりと大量のエ〇本を置こうとする百合野さん。たまたま見つけ、全力で阻止した。だって・・・ねぇ?

色んなものを却下していると、理子に「じゃあ大和、何だったらいいのよ!?」と言われた。
とりあえず、「必要最低限のもの以外は却下だ。」と言っておいた。理子はしょんぼりと俯いてしまった。
・・・その仕草に、少しドキッとしてしまった俺がいる。 
くそ・・・。

「ふぅ、こんなもんだろ。」
結局、この部屋に増えたのは、本棚と小説だけだった。
これは、百合野さんが「お願いします!これだけは!これだけは置かせてください!」と土下座までして渡してきたものだ。ただ、その中の何冊かに、エロ系の小説があったため、それはゴミ箱にボッシュートしておいた。百合野さんが発狂していた。油断も隙もない人だ、うん。
「えー、これだけ?」「お菓子ーお菓子ー」「huuuu…」
「仕方ないだろ。お前らがろくなもん渡してこないんだからさ・・・あと百合野さん。いい加減落ち着いて下さい。さっきから怖いです」「うふふ・・・怖いだなんてそんな・・・ふふふ・・・」「(目が笑ってない・・・)」

そんなこんなで、とてもドタバタしたが一応準備は整った。あとは・・・
「一応、この同好会のポスター作らないとな・・・。」
「ヤマト?マダハーレムヲフヤシタリナイノ?」
「ヤマトクン?コレイジョウハイラナインジャナイ?」
「うふふふふふへへへはははひゃh」
「わかったわかったわかった。もうわかった。 だからもうわかったって。 もういいからもうわk 」
「「わかったが多すぎ!」」「ウヘェ・・・(º﹃º )」
「・・・すまん。」
「そんなんじゃ、誰も読んでくれないよ?」
「メタいよおい」

とりあえずはこれで解散となった。百合野さんは治らなかった。やばいよあの人・・・早く何とかしないと・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウヘェ・・・(º﹃º )

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ゆか!

    百合野さん怖いっ

    1
  • ノベルバユーザー192187

    メタい。けど、面白いな!

    2
  • 喫茶店の咲夜

    ウヘェ・・・(º﹃º )

    5
コメントを書く