俺の異世界転生はチートスキルが無のようです

松竹梅の松茸

第1話 チートスキル

「はい?」


 え、今目の前にいる女性はなんて言ったんだ?俺が…死んだ!?待ってくれ、頭が追いつかない。

「橘成清さん、あなたは不幸なことに通り魔に殺されてしまいました」


 もう1度、女性が同じことを言う。たしかに、黒服の人が近づいてきて、そこからの記憶が曖昧だ。あぁ、あの人は通り魔だったのか。
俺は死んでしまったのか……

「あなたには、このまま天国にいくか、異世界へ転生するか、の2つの選択肢が与えられています。いかがなさいますか?」

 天国かぁ、どんなところなんだろうなぁ…………ん?
異世界だと!?たしかにそう言ったよな

「あの、異世界に転生って?」
「はい、できますよ。私はいわゆる、転生を司る女神、という役割を担っているので」

 まじか、まじなのか。俺も、異世界転生ものの小説やマンガ、アニメなどはある程度読んで、見ていたが、まさか自分にそんな機会が巡ってくるなんて。
俺自身、異世界転生してみたいと思ったことは1度ではない。
天国へいく?はっ、馬鹿な。答えはもちろん決まっている。

「それで、いかがなさいますか?」
「異世界に転生したいです!」
「……え!?転生したいんですか!?」

 なぜだろう、驚かれてしまった。

「転生先の世界は、元の世界よりも生活水準が低くなるんですよ?」
「それって、剣とか魔法とかがある世界ってことでしょうか?」
「まあ、そういう世界になりますね」

 素晴らしいじゃないか!こいつは俄然やる気が出てきた。

「是非お願いします!」
「そう、ですか……分かりました。では、橘成清さん、あなたはこれから新たな世界で、新しい人生を歩んでもらいます」
「はい!」
「転生特典として、1つだけスキルを獲得できますが、なにか希望はありますか?」


 いやぁ、新しい世界か、どんな世界なんだろうなぁ。どんな人生歩めるんだろう。俺にも魔法とか使えちゃったり、美少女と出会えたりするんだろうか。
そんな妄想に早くもふけっていると、あれ?なにか聞き逃したような……


「…………分かりました。希望は無ということですね」

 ん?希望?なんの話だろうか。それにしても、早く転生してほしいものだ。

「橘成清さん、転生の準備が整いました」

お、やっとか。

「次に目が覚めたら、まず能力表示ステータスオープンで、自分の能力を確認してくださいね」
「分かりました」

能力表示ステータスオープンか、さすがは剣と魔法の世界だな。

「転生特典ですが、あなたの希望通り無にしておきました」
「え、」

ち、ちょっと待ってくれ!転生特典!?俺の希望は無!?

「それでは、あなたに幸多からんことを…」

女神様が、最後にとんでもないことを……あ…れ?なん……だか、急…に眠……く…………
俺の意識はそこで途切れた


 ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️ ️

 ……はっ!
目が覚めると、俺は大きな木の下で横になっていた。
ここが、異世界…か。俺の背後には林が生い茂り、前方には見渡す限り草原と車が1台通れるぐらいの道が1本続いている。
本当に異世界来たんだな。そんな感慨にふけっていると、俺は大事なことを思い出した。
そうだ!女神様が気になることを言っていた。
転生特典の俺の希望が無だとか、なんとか。確認してみなければ。

「えーと、たしか《能力表示ステータスオープン》」

そう唱えると同時に、俺の前にRPGゲームでよくあるようなステータス画面が表示された。すげえ、さすが剣と魔法の世界だ。
ええと、なになに…


=========================
====
橘 成清 17歳 男 Lv 1

職業:無
称号:無(転生者)

〈基本能力〉
  体力:20
  筋力:10
  防御力:10
  敏捷力:10
  魔力:10
  魔法耐性:10
〈スキル〉
  無
=============================


…………低くね?
この世界の基準が分からないが、少なくとも高いほうではないだろう。俺がこれまで見てきた小説やゲーム、マンガからすれば低いと言わざるを得ない。
しかも、スキルが無だと!?これはどういうことだ。
異世界転生のお約束と言えば、チートスキルで無双とかとんでもステータスで俺TUEEEEじゃないのかよ!

女神様のいってた、スキルが無ってこういうことか…
話、ちゃんと聞いてればよかったな……
そんな後悔の念にかられている、その時だった。

ガサッ

俺の背後で明らかに自然ではない音がした。




まだ、適切な文の長さの感覚が分からないので、長かったり短かったりするかもしれません……
そういったご指摘もして頂ければありがたいです

「俺の異世界転生はチートスキルが無のようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 危険P

    最近異世界はチートチートってあきあきしてましたから、こういう作品も良いですね!

    1
コメントを書く